グリップの交換とポジショニングの変更を。 -Fuji ABSOLUTE S

5年来の付き合いにある自身の初号機がコレ、
クロスバイク・Fuji ABSOLUTE S

乗り始めた頃に乗り心地を追求すべく
色々とイジイジした訳ですが・・・

新たな乗り心地を欲すべく、
また少し手を掛けてみました。

少し前にⅡ号機のクロスバイク・GIOS MISTRAL
ハンドルをブルホーン化したことにより、

それに付けていた高級グリップ(笑)が物置に。

ドナドナするには勿体無いので、
今回こっちの自転車に付け替えてみました。

ちなみに写真は交換前の様子。

グリップの外側に「バーエンドバー」と言う
パーツをくっつけています。

 

 

で、交換後。
作業風景は割愛させて頂きます。笑

先に述べた高級グリップがコレ、
ERGON GP2と言うツノ付きのグリップです。

すっきりした印象になりました^^

それだけでは芸がないので、
ちょいとライディングポジションの見直しを。

まずは逆ステムと言う技を使います。

ハンドルとフレームを締結しているステムと言うパーツを
逆さにしてくっつけ直します。

(写真、ハンドルの奥に見える黒くて前側に伸びてるやつ)

ステムには角度が付いており元来は上向きの傾向。

反対にくっつけるとその角度のおかげで下向き傾向に変わり、
ハンドルの位置を低くすることが出来ます。

ついでにサドルの高さ調整。
ハンドルとは逆に座る位置を高くしました。

で、ハンドルとサドルの高さの逆転現象。

弄る前はこんな感じ。

先に述べたステムの状態が違いますね。
(わかるかな^^;)

今までより前傾姿勢をより深めるポジショニングです。

メリットは風の抵抗を減らすと言うこと。

群馬の上州名物からっ風に負けぬよう、
果敢に挑む仕様にしてみました。

真冬は嵐のような強風が吹き荒ぶグンマー。
向かい風だと本当に前に進まないんだから・・・。泣

ちなみにデメリットは乗りずらさ。

それなりに前傾姿勢で乗り慣れてないと、
このポジション・・・窮屈で身体がきっついと思います。

腕・手首・腰・首あたりに負担掛かりますYo!
慣れてしまえばこの方が楽なんですけどね。苦笑

ともあれ久しぶりの大改革。

ポジション変更で乗り心地が変わると、
走りも変わる気がします。笑

永らくスポーツ自転車に乗っていれば、
自ずとポジショニングも変わってきますね。

時にはそれを見つめ直して。

ハンドルのグリップ交換の話から・・・
あれよあれよとポジショニングの話に^^;

ちょいとまとまりに欠けますが、
こんな感じで手を掛けたよって話でした。笑