スプロケットの交換を。 -Fuji ABSOLUTE S

以前にもご紹介したことのある、
5年来の愛車のクロスバイクがFuji ABSOLUTE S

前記事でも述べた通り、5年間ほぼノーメンテで・・・^^;
と言うことで今更ながら少しずつメンテナンスを。

今回はスプロケットの交換をしてみました。

「スプロケットとは・・・?」
と思われる方もいらっしゃると思いますが所謂「歯車」です。

チェーンが引っ掛かってるとこ。

永らく乗っていれば歯の部分が摩耗します。
摩耗すればチェーンがしっかり噛み合わなくなる訳で。

ちなみに今回はそのチェーンもセットで交換したのですが、
まずはこのスプロケットから。

素人なりに色々調べて頑張ってみました^^;

 

 

ここいらのパーツ交換の発端は、
チェーンの歯滑りと言うか歯飛び?と言われる症状のため。

漕いでいるとチェーンが一瞬「カシャン」と外れます。
外れると言うよりは滑っている感じ。

坂道でグッと力を入れた時とか、
段差などを通過する際にちょいちょいその症状が現れます。

その一瞬に何度もヒヤヒヤする訳で^^;

諸説ありますがスプロケットの歯の部分の摩耗、
経年のチェーンの伸びが今回のその要因ではないかと・・・。

5年も交換してなければどちらも該当しますよね。苦笑

で、前置きが長くなりましたが交換作業を。

スプロケットは後輪のホイールに付いているので、
ホイールを車体から外します。

用意するものは、当然ではありますが新しいスプロケット
そして手の怪我や汚れを防ぐために手袋など。

・・・と、交換用の工具を。
フリーホイールリムーバーフリーホイールチューナーです。

その他グリスウェスがあると捗ります。
強いて言えば、あとは交換のための心構え。笑

今まで付いていたスプロケットが、
SHIMANO / CS-HG30-8 11-32Tと言うもの。

で、今回はSHIMANO / CS-HG51-8 11-32T

 
型番は違いますが基本的な部分は一緒、
8枚の歯車で構成されています。

SHIMANO / CS-HG51-8 11-32T

CS-HG○○-88速用

11-32Tとは一番小さい歯車から、
11-13-15-18-21-24-28-32枚の歯数になっています。

11-28Tだったり11-30Tだったりで、
歯数の構成が変わります。

ここいら少し変えてみたかったのですが、
臆病な自身は冒険できず。笑

今までと同じ構成にしときました。

PWT / フリーホイールリムーバー・フリーホイールチューナーセット

スプロケットを交換の際に必要な専用工具。
左の工具は空転を抑えるため、右の工具は脱着のためのものです。

で、これをこんな感じにセット。

チェーンが付いている方を時計周りに、
もう一方を反時計周りに回すと緩みます。

で、スプロケット外すと見えるのがフリーハブボディ。

自身のはシマノ用ですが、
その他にもカンパニョーロ用などございます。

形状が違うため、交換の際はそこいらお間違えなく。
とは言いつつ大体の自転車はシマノだと思います。

で、新しいスポロケット取り付けます。

先程のフリーハブボディをキレイにして、
グリスを付けたらボディの溝に合せてセット。

なお、一方向でしか入らないようになってます。
よく確認して合せて下さい。

先程の脱着工具で締め付けます。
時計周りにキュッと。

締め込み過ぎには注意とのことです。
自身もよくわかりませんが感覚で・・・。苦笑

気になる方はトルクレンチで正確に。

スプロケットがスムーズに回ることを確認したら、
ホイールを車体に戻して完成。

ピッカピカになりました。

工具さえあれば然程難しくなく、
時間も掛からずに交換することが出来ます。

工具自体もそんなに高い訳ではないので、
自分で交換出来るようになると色々幅が広がりますよ^^

とは言え自転車を動かす大事なパーツ。
場合により命に関わります。

少しでもおかしいと思ったら専門店へ。
交換の際はくれぐれも細心の注意を払って下さい。