太田名物・岩崎屋の上州太田焼そばと焼きまんじゅう。

上州太田焼そば at 岩崎屋

「太田金山子育て呑龍」の大光院へ参拝後、
ランチでお邪魔したのがココ。

太田焼きそばで名を馳せる岩崎屋さんです。

秋田県の横手やきそばや、
静岡県の富士宮やきそばなど・・・

有名なご当地焼きそば多々ありますが、
群馬県では上州太田焼そばが肩を並べるのかと。

麺は太麺、具はキャベツのみとシンプルに。

各店自慢の独自ブレンドソースが絡み合い、
麺本来の小麦の味を引き出します。

太田焼そばの名店ひしめく中、
特に有名なのが岩崎屋さんの「黒い焼きそば」。

写真をご覧になればわかりますね。
その漆黒のビジュアルにまずは度肝を抜かれ・・・。

冒頭で色々とうんちくを傾けましたが
太田焼きそばヴァージンです。笑

てな訳で太田に来たら一度は・・・と、
考えていた太田グルメを舌鼓の運びです。

無論、その黒い焼きそばの存在は
とうの昔より存じ上げており。

この度、ようやくお目に掛かれました。

お店の場所は群馬県太田市は寺井町。

太田の市街地からは
少し離れた北の方に位置します。

先に出掛けた大光院や
ぐんまこどもの国からだと比較的近く。

ちなみに最寄駅は東武桐生線・治良門橋駅。

オープンは11:00。

人気店のため混雑必須・・・と考え、
開店少し前に出掛けたら既に開いており。

おや?何時からだろう。
ともあれ店内へお邪魔します。

店内には既にイートインのお客様、
そしてお持ち帰りのお客様。

今回は店内で出来立てを戴くべく、
イートインで失礼します。

どこか懐かしい雰囲気の店内には
テーブル席が4つに小上がり。

小上がりの席は5つ程。
今回は小上がりにお邪魔して・・・。

メニューを拝見します。

焼そばは特に名はないの上まで
細かくボリューム分けされています。

・・・特に名はないって。笑

中が一人前でジャンボが二人前。
はて、どのグレードでお願いしよう。

焼そば (名はない) 

で、お願いしたのがコレ、
名はないってやつ。笑

四人前位になるそうですよ。

大皿にこんもりと盛られ、
そのビジュアルに思わずうっとり。笑

大人2名、お子様3名の計5名で
取り分けながらいただきます。

もっちりとした太麺。
具はシンプルにキャベツのみ。

特徴的な「黒」に、
青のりの緑がアクセント。

一見、濃厚そうに見えますが
意外や意外・・・さっぱりと。

うまうま食べ進み
あっと言う間にお皿が空に・・・。

みそおでん

足らぬなら 増やしていこう ホトトギス
・・・と言うことで焼そば以外も。笑

みそおでんを召喚です。

焼まんじゅう

更に更にと焼きまんじゅう。

これもまたご当地グルメ。
群馬ならではの郷土料理です^^

焼きまんじゅうの説明は
あえて割愛しときます。笑

(語ると長くなるので・・・。)

濃厚で粘度の高い甘じょっぱいタレが
ふかふかのおまんじゅうに纏わり。

群馬県民であることに感謝。

焼そば(中)

普段は小食のこども達、
とても気に入ったようでおかわりを。

一人前の中を追加発注です。笑

一人前でも結構ボリュームあるのに、
その上を見た後だと少なく見える妙。

いやぁ・・・ホント美味しい。

ちなみにテイクアウト(おみやげ)も
焼そばのお値段は一緒のよう。

うまうましている間も、
お持ち帰りのお客様ひっきりなしに。

正午に近づくにつれ席も埋まり始め・・・。

 

一度食べたら癖になる、
太田名物・岩崎屋さんの黒い焼きそば。

安い・旨い・黒い・・・太い!笑
太田においでの際は是非^^

岩崎屋 (いわさきや)
群馬県太田市寺井町697-8
0276-37-0258
営業時間 11:00~18:00
(売り切れ次第閉店)
定休日 火曜日