色付く木の葉は徐々に減り。

TKN_6077.jpg
 
 
吹き荒ぶ上州のからっ風は冬の便り。
 
霜月も下旬に差し掛かれば、
朝晩どころか日中の冷え込みもより一層・・・。
 
悴む手足は一向に温まらず、
湯たんぽやカイロを常に手放せずに。
 
晩秋と言うよりは初冬を感知しております。
 
色付く木の葉は徐々に減り、
着々と季節の歩幅は広がります。
 
空気が乾燥した日が続いております。
風邪などひかぬようご注意を。
 
何方様におかれましてもご自愛下さいませ。
 
スポンサーリンク