PWT / ゲージ付きフロアポンプ・FP01 。

PWT FP01
ツインヘッドクレバーバルブ搭載 ゲージ付きフロアポンプ

自転車に乗っているなら欠かせないアイテムが空気入れ

特にロードやクロスバイクにおいては、
適正な空気圧の維持・管理のためゲージ付きがマストです。

現在自身が使っているものは、
約5年前に初号機と共に購入した量販店オリジナルのもの。

安価なため使い勝手があまり宜しくありません。

あくまで空気を入れるためだけならそれで構わないのですが、
週に1度は必ず使用するものなので。

「少し楽をしたい」が為に、
今回この空気入れを新しく購入しました。

 

 

購入したのは自転車の工具やツールのメーカー、
PWTのゲージ付きフロアポンプ。

マットブラックで高級感あり、
ピンポイントのカラーリングがちょいとオシャレ。

ゲージは大きめで見やすく。
BarPSIと言うタイヤ空気圧の単位が記載されます。

概ね自転車のタイヤにどちらかの単位で、
そのタイヤの適正空気圧の数値が表示されております。

その数値までゲージを見ながらシュコシュコします。

冒頭で書いた「少し楽をしたい」と言うところに
該当するのがこの空気入れのヘッドの部分。

今までのものはココがネジ式のアタッチメントになっており、
タイヤのバルブにクルクル回してくっつけておりましたが・・・

コレはタイヤのバルブにグッと差し込んで、
レバーを持ち上げて固定するだけ!

手間が掛からず面倒な空気入れが捗ります。

更にこの空気入れの特徴が、
ツインヘッドクレバーバルブの搭載

先端の赤いヘッドが外れ、
反転することで仏式・英式米式のバルブ形状に対応します。

ちなみにロードやクロスバイクは概ね仏式
ママチャリなどは英式が一般的となっております

我が家の全ての自転車に対応してくれ、
手間が掛からず時間も短縮。

然程力を入れなくとも空気が入ってくれるし、
安定感もあり労力とストレスがなくなりました^^

 

「空気入れ」って考えたら気持ちお高い感じがしますが、
上を見ればキリがなく高機能でもっと高価なもの多々あります。

でもこれだって高機能、
出せる範囲ならこれがベストセレクト・・・かもしれませんね。