マイ スネアドラム。 -SONOR / D-516PA

DSC05388.jpg
 
SONOR / D-516PA PHONIC
 
 
突然ですが元バンドマンです。
主にドラムを担当しておりました。
 
基本・・・ドラムはスタジオやライブハウスに行けば、
一式セットで用意されており。
 
それを使用すれば普通に叩ける訳ですが、
拘り始めると【自分の音】で演奏したくなる訳です。
 
ギタリストが自分のギターをギュワンギュワン鳴らすように、
ベーシストが自分のベースをベンベン弾くように・・・
 
ドラマーも自分の太鼓をタンタン叩きます。
 
拘る程に太鼓にシンバル、挙げ句飛び道具など・・・
自分の楽器が増えていきます。
 
自身においてもそれは然り。
その中でも特に拘りたいのが【スネアドラム】です。
 

DSC05396.jpg
 
ツ・ツ・タン ツ・ツ・タンの「タン」の音を奏でる太鼓。
「ツ・ツ」のシンバル音に次いでよく耳にする音だと思います。
 
このスネア・・・使われる材質や胴の深さなどで、
音の個性が変わってきます。
 
スチールであれば「カンッ」と乾いた音になり、
木であれば「タンッ」と温もりある音で。
 
叩く人・叩き方でその音は変化してくると思いますが、
基本はそんな感じデス。
 
スネアの選定、ベストは曲の雰囲気に合った音が出るもの・・・
だとは思いますがそんなにたくさん持てる訳はなく。
 
バンドの曲調を重視しつつ自分好みの音を。
 
で・・・話は長くなりましたが、苦笑
自身が最終的に辿り着いたベストスネアがコレです。
 
DSC05386.jpg
 
SONOR(ソナー)と言うドイツブランドで、
型番はD-516PA
 
ローズウッドの化粧板が美しく、
飾っておけば高級家具のような佇まい。
 
ヨーロピアン・ビーチ材シェルの暖かな音色が
6.5インチの深胴より芯強く奥行き深く広がります。
 
明瞭な粒立ちでキャラクターは明るく。
 
しかしながら明かる過ぎず、
どこか落ち着いた印象さえ感じられ。
 
ロックからクラシックまで、
様々な曲調に対応してくれることと。
 
マイク乗り良し、生音でも力強く心地良く。
 
201611110735139c1.jpg
 
人それぞれ・・・ドラマーそれぞれ、
音の好みは違うと思いますが自身においてはコレがベスト。
 
人様に聴かせる以前、
自分が叩いて気持ちよくなれるかが最優先。
 
ちなみに素人からすれば「太鼓一個でこの値段!?」
って具合のお値段です^^;
 
音楽から遠ざかり、陽の目を浴びずにおります。苦笑
宝の持ち腐れにならぬよう叩く機会をつくらねば。
 
DSC05398.jpg
 
SONOR (ソナー) / D-516PA PHONIC ローズウッド
-仕様-
14×6.5インチ
ヨーロピアン・ビーチ 10.5mm – 12プライ
外装&内装/ローズウッド化粧板
10テンション×2(マイナス・キー)
チューンセーフ内蔵フォニック・スタイル・ラグ・ブラケット
スローオフ・ストレイナー
レモ社製コーテッド・ミディアム
レモ社製スネアサイド
ソナー・ダイキャスト・フープ
ステンレス・スティール24本(SW1424S)
 
スネアのみならずドラム機材のことなら、
1日中語っていられるドラム(機材)マニアです。笑
 
それにしても太鼓ひとつで語ったなぁ・・・。^^;
 
スポンサーリンク