G MASTERのエンブレム。 -SONY SEL2470GM

デジタル一眼カメラα Eマウント用レンズ
FE24-70mm F2.8GM【SEL2470GM】

シャープネスで高解像、ヌケの良さ宜しく
開放でのボケ具合にびっくり。

ズーム全域でF2.8通しは扱いやすく
その明るさは暗所でも重宝します。

特質すべきは描写力、
うーん、これズームレンズなんだよなぁ。

・・・と、同焦点距離のSEL2470Zから
このレンズに更新しました。

どちらも24mmから70mmを
カバーする標準ズーム。

距離は一緒でも特質すべき違いは
開放F値がF2.8~F4~かです。

その他にも違いはね・・・
無論、ある訳ですがそこは置いといて。

いよいよSONY Eマウントレンズの最高峰、
G MASTERに手を出してみました。

先にも述べた通り、
焦点距離は24mm~70mm。

広角から中望遠までをカバーする
【標準】と言われるズームレンズです。

家族旅行や運動会、お遊戯会など・・・

レンズ交換をすることなく
これ一本で賄えるためホント便利。

お父ちゃんの必須のアイテムです。笑

SEL2470Zでも良かったんですけどね、
使っていると気になる点が多々あり。

このレンズはそれを解消してくれるの?
と、レンズ沼に陥った訳です。苦笑

先般、相棒になったα7Rの高解像を
更に生かしたいってのも理由のひとつです。

で、相棒に取り付けてみれば
でかい・太い・長い・重い^^;

今までのものとは比べものにならず。

レンズの重さはは約886g、
ボディを含めれば約1.5kg!

こりゃあちょっとお散歩に・・・
ってのは厳しそう。苦笑

でもね、今は幸せな重量感♡笑

左側面にはG MASTERのエンブレム、
そしてその下にフォーカスホールドボタン。

このボタンに機能を割り当てられます。
自分はココに瞳AF(オートフォーカス)を。

確かに重いですが意外としっくり。
大きい分、安定感があって宜しいかと。

フードは花形、ALC-SH141。
ご丁寧にロック機構が設けられています。

今までそんな機構のあるものに
出会ったことがないので慣れません。笑

最短撮影距離は0.38m・・・38cm。
意外と寄れますね。

フィルター径は82mm、でかい!
ここまでの大口径は初めてです。

とりあえず保護フィルター装着。
KenkoのPRO1Dです。 ↓

使い始めて間もないため、
まだしっかり向き合っていませんが・・・

ちょっとした作例を。

α7R+SEL2470GMです。
どれも開放F2.8で撮ってみました。

まずは屋外、玉ボケの様子。
(写真をクリックすると拡大します)

続いてボケ具合。
おお、すんごいボケる。

最後は屋内でネコちゃんを。
暗めな場所でしたがISO800で済みました。

目にピントを合わせ、
そこからなだらかにボケていきます。

毛並みも良い感じに撮れますね^^

愛でるSEL50F14Zには及ばないものの、
単焦点レンズ並みの描写力。

うん、こりゃホントすげーや。

これからやってくる長女の卒園・入学に。
そして七五三やら家族旅行やら。

何よりもうすぐ桜の季節。
(2018年3月執筆)

絶対重宝してくれそうな雰囲気です。

役者は揃った。
あとは自分の腕次第・・・だな^^;

SONY SEL2470GM メーカーHP ↓

SONY SEL2470Z のお話はココ ↓

フルサイズに恋い焦がれ。 -SONY α7Ⅱ + SEL2470Z
SONY α7Ⅱ  (ILCE-7M2)    スマートフォンなどでも綺麗な写真が撮れる昨今、 それ以上の写真を撮るのであればやはりそれに特化したカメラが必須で。 当初は比較的写りの良い・・・

SONY SEL50F14Z のお話はココ ↓

最高峰のレンズでワンランク上を目指し。 -SONY SEL50F14Z
SONY Planar T* FE 50mm F1.4 ZA Eマウント用レンズ SEL50F14Z 高コントラストと高解像を実現した、 開放F値1.4の大口径単焦点レンズ。 上品な描・・・

SONY α7RⅢ のお話はココ ↓

相棒はモンスター。 -SONY α7RⅢ (ILCE-7RM3)
2018年1月末にソニーストアで注文、約2週間の時を経て我が家にモンスターがやってきた。2017年末に発売した35mmフルサイズミラーレス一眼・SONY α7RⅢ (ILCE-7RM3)。まずはファーストインプレッション(レビュー)と準備したアクセサリーのお話を。