仙松堂のココア入りラスク。

ラスク (ココア入りラスク)

 

年季の入った紙袋を開けるとココアの香りがふんわりと。

中にはスライスされたままのサイズの食パンが3枚、
ラスクになって入っています。

写真はそれの裏側を撮影したものですが、
表側にはココア砂糖がこれでもかとたっぷり塗されております。

全国的に有名な新町の王様のラスクとは一線画す、
おらが街・藤岡市で永らく愛され続ける庶民的ラスク。

表っ側がどんな感じなのかはご自身の目で・・・。
ノスタルジックなお店の雰囲気と共にご体感下さい^^

 

前記事の虎屋本店さんと共にお出掛けしたのは、
同市内のベーカリー・仙松堂さん。

虎屋本店さんとは大通りを挟んでほぼ合い向かいです。

大通りに面しており、更には駐車場の所在がわからないので、
お車でのご来店はちょいとハードル高いかもしれません。笑

(皆様どうしているんだろう・・・。)

先にも述べた通りノスタルジック・・・
と言うか昔ながらな佇まい。

ベーカリーと言うよりは「街のパン屋さん」、
と言った方が正解かもしれません。

ココの前を通る度に、
ガラス越しに並ぶパンを眺めドキドキしてます。笑

じっくり屋号を見てみれば、和・洋菓子ケーキの文字。
今は並んでいませんが昔はあったのかな?

でも自身の中ではあくまでパン屋さん
ラスクと一緒にパンもしっかり買いました。

クリームペストリー

コロネのようなデニッシュパン。
サクッとした食感を残しつつしっとりな要素も。

中に入るのはバタークリーム。
ねっとりと広がる甘さが良い塩梅です。笑

生クリームドーナツ

ドーナツの名の如くふんわりとした生地に、
挟まれるのはフレッシュな生クリーム。

軽い口あたりのおやつパン。

ソボロパン

なんとも言えない色合いに心惹かれ、
手に取ったのが仙松堂さんの名物・ソボロパン。

表面にかかっているイエローはお砂糖?
練り込んであるモスグリーンはウグイス餡?

全体的に不思議な雰囲気漂うパンですが、
お味の方は普通・・・と言うか素直においしいです。笑

コーンピザ

言わずもがなそのまま、コーンピザ!

デフォルトでラップに包まれているパンが多いのですが、
これはもうその代表的な存在。

ギトッとしたあぶら感を表現するべく
ラップに包まれたまま撮影してみました。笑

(決して手を汚すのがイヤだった訳ではありません^^;)

 

店内を外から眺めるとちょいと薄暗く、
やっているかわかりずらいですが・・・笑

営業中の看板出てればやってます。

藤岡市民に愛され続ける街のパン屋さん。
フレッシュなパンと一緒に特製ラスクも是非ご堪能下さい^^

仙松堂
群馬県藤岡市藤岡141
0274-22-0275

 

前回のお出掛けはこちら・・・

仙松堂のあんドーナッツ。
  あんドーナッツ     藤岡市の街中、七丁目交差点近くに佇む仙松堂さん。 数少ない藤岡市のパン屋さんです。   年季の入る外観は歴史を感じさせ、まさに地域に根付く昔ながらのお店・・・