藤岡市・鬼石の街のベーカリー。 -ワラシベベーカリー

 

おらが街・藤岡市にまた新たなベーカリーがひとつ。

2016年秋口にその情報をキャッチしたその日から、
ずっと気になっていたのですが…

なかなか都合がつかず、今回ようやくのお出掛けとなりました^^;

お名前はワラシベベーカリーさん。

お店の場所は藤岡は藤岡なれど、
市街地からは少し離れた藤岡市は鬼石町

初めてのお店と言うことでドキドキしながら車を走らせます。

 

 

鬼石の市街地から、も少し離れた譲原(ユズリハラ)。
鬼石総合グラウンドの入口、道向かいに佇みます。

お店はロードサイドにあるのですが、
その場に調和し過ぎてて意外と目立ちません。笑

目的地周辺に到着したら少しスピードを落として確認を。
(自身は一度、通り過ぎました^^;)

お店の脇の駐車場に車を停めて入口へ・・・
と、ここで屋上からワンちゃんがご挨拶。

すごいところにいらっしゃって驚きました。笑

柔らかな冬の陽射しに包まれる店内。

飾られるものや置いてあるもの・・・
どれにおいても拘りが感じられ、とても雰囲気あります。

店内のカウンターにはイケメンの店主さん・・・
と、その彼におんぶされる赤ちゃん。

その赤ちゃんがね、とっても可愛いんです^^

店内外の雰囲気同様にパンも独特な雰囲気有ります。

主に国産小麦粉や地粉、玄米麹、甜菜糖、米飴、国産湧水
を使用しておられるそう。

おかって市場さんでお馴染みの和の屋さんの麦を使用していたり、
(この日は)ドクダミ酵母でパンをつくっていたり。

随所に拘りを感じるパンが並んでおりました。

ちなみにお菓子もございます。

普段はシフォンが定番のようですが、
この日はチョコのマカロンが販売されていましたよ^^

そんな訳で購入したものをご紹介。

今回、正式な名前がわからないので、
写真とちょっとした説明で失礼致します^^;

人参のサンドウィッチ

伺った日のサンドウィッチがコレ。

サンドされていたのは、
人参、大豆ミート、パルメザン、レモン。

パンはパン・オ・ルヴァンです。

チョコのベーグル

ベルギーチョコとイタリアンチョコが練り込まれます。

濃厚でビターな味わいの前者と、
甘さが特徴的な後者のハーモニーを楽しめます。

コレ・・・名前を忘れてしまいましたが^^;
クルミとイチジクが練り込まれます。

これも既出のハード系同様、パン・オ・ルヴァンかと。

シュークリーム

窯焼きのシュークリーム。
生地にはチョコが練り込んであるそうです。

中のクリームは豆乳を使用。
前の方はクリーム多めにしてもらってます。笑

なお、出掛けた週の限定品かもしれません。
食べたい方はお店にお問い合わせを。

営業は土曜日と日曜日のAM11:00から。

週末だけの営業なので、
ちょいとハードル高い方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

藤岡方面においでの際は少し足を伸ばして、
鬼石町の美味しいベーカリーに是非^^

ちなみに住まう街のお店ではありますが、
調べてみたら自宅から12キロ程ありました。笑

高崎の市街地行くより遠いのね^^;

ワラシベベーカリー
群馬県藤岡市譲原24-2
070-1590-1930
営業日 土曜日・日曜日
営業時間 11:00〜17:00