高崎市の観光・グルメまとめ

高崎市の観光・グルメまとめ

群馬県高崎市の観光・グルメをまとめています。

甘味を食べる

彩り鮮やか 本場信州の昔懐かしいおはぎ|高崎「おはぎ専門店 ももすず」。

群馬県高崎市の「おはぎ専門店 ももすず」さんをご紹介。神奈川県の人気おはぎ専門店で修行した店主さんが、本場信州の昔懐かしいおはぎをひとつひとつ丁寧に手作りします。お彼岸でなくとも一年を通して美味しいおはぎが食べられる喜び♡記事内ではおはぎの種類や店内の様子、営業時間や定休日、アクセス方法や駐車場をまとめています。
高崎市のベーカリー

創業は80余年、本町に根を下ろす老舗ベーカリー|高崎「このえパン(BAKE SHOP konoe)」。

群馬県高崎市本町にお店を構える「このえパン(BAKE SHOP konoe)」さんをご紹介。創業1933年(昭和8年)、高崎で2番目に古い老舗ベーカリー。お子様からご高齢の方まで幅広い年齢層のお客様に親しまれます。記事内では店内の様子やパンの種類、営業時間、定休日、駐車場、アクセス方法をまとめています。
群馬で食べる

「本格」は味だけでなく雰囲気も|本格タイ料理・高崎「ムアンタイ」。

群馬県高崎市の「ムアンタイ」さんをご紹介。タイ出身のスタッフさんが作る本格タイ料理のお店です。美味しいお料理さることながら異国情緒溢れる店内の雰囲気も魅力。日本に居ながらタイにどっぷり漬かれます。笑 記事内ではランチメニュー、店内の様子、営業時間、定休日、駐車場、アクセス方法をまとめています。
高崎市のベーカリー

ふんわり柔らか王道サンド|手作りサンドイッチの店「ピクルス 双葉町店」。

群馬県高崎市のサンドイッチの店「ピクルス 双葉町店」さんをご紹介。高崎駅東口、競馬場通りに構えるサンドイッチ専門店。朝5時からの「超」早朝営業とふんわりしっとり柔らかな絶品サンドイッチが魅力。記事内では店内の様子やサンドイッチの種類、営業時間、定休日、駐車場、アクセス方法をまとめています。
西毛エリアでお散歩

稲荷の大神様と於菊さんにご利益を|高崎市新町「於菊稲荷神社」参拝。

群馬県高崎市新町に鎮座するお社さんの「於菊稲荷神社」をご紹介。白いキツネが助けてくれることから「おたすけ稲荷」とも呼ばれます。有名なのは可愛すぎる「御朱印」!集めていない自分でも欲しいくらいです。記事内では境内の様子やアクセス方法、駐車場、気になる御朱印の情報、限定御朱印のことをまとめています。
群馬で食べる

手打ちの醤油ラーメンと盆石、骨董・山静香|高崎中華「香珍(こうちん)」。

群馬県高崎市元島名町の「香珍(こうちん)」さんをご紹介。高崎郊外の街の中華料理屋さんで御歳70を超えるご主人の手打ちラーメンは絶品です。高崎 絶メシリストに掲載されており、テレビ東京 ドラマ25 絶メシロードの第3話で登場!記事内では店内の様子やメニュー、営業時間や定休日、駐車場、アクセス方法をまとめています。
甘味を食べる

高崎市 新町銘菓 みそまんじゅう|創業100年・和菓子の老舗「酢屋製菓」。

創業100年、群馬県高崎市新町の和菓子の老舗「酢屋製菓」さんをご紹介。大正時代にお酢屋さんとして商売を始め屋号の「酢屋」を残し和菓子屋さんへ。現在は3代目のご主人が美味しいお菓子を手掛けます。お勧めは「みそまんじゅう」。記事内では店内の様子や和菓子のラインナップ、営業時間や定休日をまとめています。
甘味を食べる

「ガトーフェスタハラダ」創業店舗のリニューアル|中山道店から「シャトー・デュ・ローブ」へ。

王様のおやつ「グーテ・デ・ロワ」が全国で大人気の高崎市の洋菓子店「ガトーフェスタ ハラダ」さん。その創業店舗である「中山道店」さんが2020年2月にリニューアルオープン。「シャトー・デュ・ローブ」として新たな歴史を刻みます。記事内では移転場所やリニューアルオープン日、新店舗と旧店舗の概要をまとめています。
季節のお便り

ドラゴンボール×ガトーフェスタハラダ|バレンタイン限定 ブルマのピンクなコラボ缶。

王様のおやつ「グーテ・デ・ロワ」が大人気の群馬の企業「ガトーフェスタ ハラダ」さんと「ドラゴンボール」に登場するカプセルコーポレーションがコラボ。バレンタイン限定商品「グーテ・デ・ロワ バレンタインセレクションカプセルコーポレーションコラボ缶」を発売。記事内ではコラボ缶のレビューと取扱い店舗をまとめています。
群馬で食べる

名物のジャンボギョーザに笑顔がこぼれ「陽気軒(ようきけん)」で満腹ランチ。

群馬県高崎市吉井町の中華定食屋さん「陽気軒(ようきけん)」さんをご紹介。名物の「ジャンボ餃子」はあまりにも有名です。その大きさに度肝も抜かれることと。笑 もちろんラーメンも絶品!良心的なお値段で大盛りデカ盛りお腹いっぱい♡記事内ではメニュー、店内の様子、営業時間、定休日、駐車場、アクセス方法をまとめています。
季節のお便り

手を合わせれば慈悲の御手|高崎白衣大観音「慈眼院」初詣と厄除け祈願。

群馬県高崎市のシンボルであると共に上毛かるたの「ひ」でも詠まれる「高崎白衣大観音」をご紹介。市街地の南側にある観音山の山頂より群馬の街を見守ります。市民ならずとも県民ならその存在は必ず存じ上げ。初詣や二年参りにも是非ご参拝を!記事内では観音様や慈眼院の概要、アクセス方法、駐車場のことをまとめています。
季節のお便り

一年の恵を高崎に求め「高崎だるま市2020」。

高崎と言えば「縁起だるま」。毎年1月1日・2日に開催される「高崎だるま市」をご紹介。高崎駅の西口で開催される「全国で最も早いだるま市」。会場となる高崎駅西口通りはカラフルなだるまさんで彩られます。正月早々からとても賑やかですよ。記事内では会場の様子や高崎グルメ、駐車場、アクセス方法をまとめています。
高崎市のベーカリー

閉店祭まであと僅か!年末へ向けてラストラン「パン焼き場 Comme’N(コム・ン)」。

パンの世界大会である「モンデュアル・デュ・パン」で総合優勝をした群馬県高崎市の「パン焼き場 Comme’N(コム・ン)」さんをご紹介。現店舗での営業は2019年を以て終了となります。移転先は・・・?営業カレンダーを見てみると最終日は「閉店祭」との記載有り。窓辺に並ぶ世界一のパンを♪お早めにお出掛け下さい!
高崎市のベーカリー

パン屋の老舗のリニューアル。ポップでモダンなベーカリー&カフェ「日英堂(にちえいどう)」。

群馬県高崎市連雀町にお店を構える「日英堂(にちえいどう)」さんをご紹介。明治13年(1880年)創業の北関東一 古いパン屋さんです。リニューアルオープンを経てカフェスペースを新設。カフェメニューも魅力的でした♪記事内では店内の様子やパンのラインナップ、営業時間や定休日をまとめています♪
高崎市のベーカリー

高崎の変遷見つめて40年|田町通りの昭和パン「パン 洋菓子 アベニュー」。

高崎の中心市街地、田町通り沿いにお店を構える昭和レトロなパン屋さん「パン 洋菓子 アベニュー」さんをご紹介。創業は昭和55年とのことで約40年の高崎市街地の変遷を見つめます。素朴ながらも懐かしく美味しいパンが魅力!記事内では店内の様子やパンのラインナップ、営業時間や定休日をまとめています♪
タイトルとURLをコピーしました