スポンサーリンク
スポンサーリンク
多言語に翻訳する

SONY α6000 + SEL・・・。

IMG_2624.jpg
 
SONY α6000 + SEL18200LE
 
 
NikonからSONYへマウントの鞍替えをして1年ちょっと。
自身の日々を切り取っているのがこのα6000です。
 
APS-Cセンサー搭載の小型・軽量のデジタル一眼。
 
当初は2本のズームレンズが付く「キット」で購入したのですが、
そのレンズはどちらも手元から旅立ち・・・
 
現在はこのSEL18200LEと、
SEL24F18Zの2本のレンズでやりくりしております。
 
前者は広角18mmから望遠200mmまでの画角をカバーするため、
こども達のイベントごとの際に重宝しています。
 
後者は単焦点24mmF1.8、
「カールツァイス」ブランドのロゴが刻まれたレンズです。
 
表現力・描写力が秀逸の「神レンズ」。
ここぞ!って時はコレで勝負をかけています。
 
しかしながら前者・後者共にメリットがあればデメリットもあるもので、
そのデメリットを埋めるようなレンズを探し始めれば・・・
 
あれよあれよと良からぬ方向へ。
 
レンズを通り越しカメラ本体を買い換えて・・・と、
脳内ではお祭り騒ぎになっています。笑
 
そこまでの予算、ないんですけどね。
妄想だけならタダです。
 
SONY α6000 + SEL・・・
 
寝ても覚めてもずーっとそんなことを考え。
購入前のこの時間が一番楽しいのかもしれませんね^^
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カメラのこと
\ この記事をシェアする /
Tokina.をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
群情色。(ぐんじょういろ)| 群馬の情報、色々と

コメント

この記事を書いた人

群馬県は藤の花咲く街の人。

群馬グルメや群馬レジャー、群馬パン屋のことなどを
熱量高くご紹介しています。

時には県外のこともちらほらと。
稀に趣味の自転車やカメラのことも。

コメント、随時お待ちしております♪
メディアへのお誘い、掲載依頼も大歓迎です。

「お問い合わせ」や「コメント」から
お気軽にご連絡下さいませ。

Tokina.をフォローする
タイトルとURLをコピーしました