多言語に翻訳する
スポンサーリンク

おかずにもおつまみにも、テイクアウトで"ホワイト餃子"|前橋「ホワイト餃子 前橋店」。

ホワイト餃子 -群馬県前橋市

 

千葉県野田市に本店を置き
関東を中心に展開する餃子専門店、

ホワイト餃子さん。
略称は「ホワギョー」。

住まいのある群馬県においては
前橋と伊勢崎にお店がございます。

前橋方面へお出掛けした際に
お邪魔したのが日吉町の前橋店さん。

店内でのお召し上がりも可能ですが
今回はテイクアウトと言う選択。

帰宅後に早速、
焼き餃子にして食べちゃいます。

公式サイトの"調理方法"を参考に
こんがりきつね色に焼き上げて、

お皿に盛ったら出来上がり( ・ㅂ・)و ̑̑

お子様なら白米が、
大人様ならビールが進んで仕方ない。

 

スポンサーリンク

 

お店の場所とアクセス方法

ホワイト餃子 -群馬県前橋市

ホワイト餃子 前橋店さんの場所は
群馬県前橋市の日吉町。

赤城山へと通ず
県道4号線(赤城県道)沿いにございます。

東部バイパス 若宮町四丁目交差点から
北へ数十メートルで目的地。

交通量がとても多い場所なので
お出掛けの際はお気を付けて。

なお、最寄り駅は上毛電鉄 中央前橋駅。
駅から1.9km、徒歩で24分です。

駐車場とお店の様子

ホワイト餃子 -群馬県前橋市

駐車場はお店の敷地内。

ちょいと狭い印象を受けるので
大きな車だと取り回しが大変。

ランチタイムなど
ピークタイムは尚更です。汗

少し離れた場所に第二駐車場が
あるようなのでそちらもご活用を。

店内に入ると右手に
カウンターとテーブル席。

今回はテイクアウトと言うことで
正面のレジでお持ち帰りのコールだ。

生餃子(冷凍)をテイクアウト

ホワイト餃子 -群馬県前橋市

冒頭の写真をもう一度ドーンッ!

生餃子(冷凍)をお持ち帰りして
自宅で焼き焼きしちゃいます。

ご自宅での調理方法は公式サイトへ。
素人でも上手に焼けたんだ( ・ㅂ・)و ̑̑

コロッとした餃子らしからぬ
独特な形が特徴的。

皮は厚くもっちりと。
食材と共に溢れる出すジューシー。

キャベツたっぷりで
野菜の旨味が効いた優しい味わい。

思いのほかさっぱりとしていて
いくらでも食べれちゃうんだ。

ひゃっはー、旨いっ(*´ω`*)

ランチタイムは餃子定食(限定30食)

ホワイト餃子 -群馬県前橋市

なお、平日のみランチタイムで
"餃子定食"やってます。

"平日""限定30食"なもんで
少しハードル高めやもしれませんが、

機会に恵まれたら是非(‘◇’)ゞ
自分もそれが宿題になっています。

群馬県内では前橋店か伊勢崎店でしか
食べられないホワイト餃子。

ひと口食べれば人気の理由がわかります。

余談ではありますが
"ホワイト餃子の由来"は、

創業者・水谷信一が満州(現在の中国東北部)で白(パイ)という中国人から餃子作りを教わり、戦後日本へ引き揚げ餃子店を開く際、始めは「パイ餃子」にしようと思ったが、色気がないので英語にして「ホワイト餃子」にした。

・・・とのことですよ。
ネーミングセンスに驚きだ。笑

ホワイト餃子 -群馬県前橋市

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホワイト餃子 前橋店について

ホワイト餃子 前橋店(ほわいとぎょうざ)
住所群馬県前橋市日吉町4-44-5
問い合わせ027-233-8989
営業時間■お持ち帰り
 生餃子  9:00~売切れまで
 焼餃子 11:00~18:00
■店内飲食
 11:00~18:00 (L.O.17:30)
定休日月曜日、毎月第2火曜日
※定休日が祝日の場合には営業、翌日が定休日
公式サイトwhite-gyouza.co.jp/branch/maebashi
アクセス上毛電鉄 中央前橋駅から1,900m
地図

コメント

この記事を書いた人

群馬県は藤の花咲く街の人。

群馬グルメや群馬レジャー、群馬ベーカリーのことなどを熱量高くご紹介しています。

時には県外のこともちらほらと。
稀に趣味の自転車やカメラのことも。

コメント、随時お待ちしております♪
メディアへのお誘い、掲載依頼も大歓迎です。

「お問い合わせ」や「コメント」から
お気軽にご連絡下さいませ。

Tokina.をフォローする
タイトルとURLをコピーしました