スポンサーリンク

上州富岡 名物グルメ・信州屋の和風絹しゅうまい。

この記事は約2分で読めます。

和風絹しゅうまい

 

厳選した新鮮な国産豚肉と玉ねぎを使用。

シルクのようななめらかさは
「絹しゅうまい」の名に納得します。

シャキっと食感の玉ねぎがアクセント。

ひとつが大きめにこしらえてあるので
みっつ食べれば十分に満たされます(*´꒳`*)

 

手掛けるのは信州屋さん。

先にお出掛けした富岡製糸場のお膝元、
お店を構えるしゅうまい屋さんです。

もともとは信州屋旅館と言う
明治初期創業の旅館を営んでいたようで。

宿泊客のお食事に出していた
しゅうまいが人気となり、

平成元年より旅館とは別に限店舗で
絹しゅうまいの販売を始めたそうですよ。

富岡製糸場を後にして
秒で訪れる上州富岡の名物グルメ。

その存在は以前より知りつつも
今回初めて絹しゅうまいに触れてみました。

 

 

お店の場所は群馬県富岡市。

富岡製糸場の入口へと続く
城町通り沿いに佇みます。

写真の奥が富岡製糸場、
手前に見えるのが信州屋さん。

目と鼻の先とは正にこのこと。

この日は寒波が到来していたこともあり。

極寒の中、富岡製糸場を見学し
身は凍り手は悴み。苦笑

そんな中、お店の入口に貼られた
「暖房中」の文字に手招きされるのです。

ヒルナ●デスやメレ●ゲの気持ち、
アド街●ク天国などの

各メディアへの登場も多く
お店の中には訪れた有名人の写真が。

・・・自分の写真は要りませんか?
要りませんよね(;´・ω・)笑

店内こじんまりとしていますが
レジ横にイートイン完備。

今回はそこで暖を取らせて頂きます。

一皿3個 お茶付きの和風絹しゅうまい。

お値段は税込み300円。
(2019年2月現在)

ちなみに1個からでも
店内で召し上がれるようですよ。

また、箱入りでの販売も行っているので
お土産としても喜ばれること間違えなしです。

富岡製糸場 見学の際や
富岡の街並みをお散歩の際に是非。

世界遺産のすぐ傍で
上州富岡の名物グルメを(*’ω’*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

– 信州屋について –

信州屋

【住所・お問い合わせ】

群馬県富岡市富岡51
0274-63-2000

【営業時間・定休日】

9:00~18:00
水曜日 (祝祭日の場合は木曜日)

【その他の情報】

信州屋公式HP
kinusyumai.com

Instagram
@kinusyumai

【地図・アクセス】

富岡製糸場から徒歩30秒
上信電鉄線上州富岡駅から徒歩約7分
上州富岡駅から591m

富岡製糸場の見学記事は以下より。
併せてお読み下さい。

日本で最初で世界遺産の富岡製糸の見学へ。
群馬県富岡市にある富岡製糸場に見学に行ってきた。日本初の本格的な器械製糸の工場で初期の建造物群が国宝及び重要文化財に指定されています。自分においては幼少期から今もなお、馴染み深い富岡にある観光名所。県内はもとより県外、国外からも群馬が誇る世界遺産を是非、見学にいらして下さい♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました