芸術の秋、こだま芸術祭・旧神泉中学校会場。

こだま芸術祭 at 旧神泉中学校

2018年11月2日(金)~11月18日(日)の期間、
埼玉県は本庄市・美里町・神川町・上里町にて

こだま芸術祭が開催されています。

こだま地域の豊かな自然とレトロな街中が会場、
全29名のアート作品を展示しており。

会期中の週末にはアートに関するイベントも
同時に開催する模様です。

通年、食欲の秋ですが
この日は芸術の秋の気分になり。笑

開会2日目の文化の日に
この芸術祭にお出掛けの運びです。

埼北各所に会場が散らばる中、
今回は旧神泉中学校会場へ行ってみた。

住まう群馬から川向こうの埼玉へ。
行楽の秋にもぴったりなお日柄でした^^

藤岡の市街地から車を走らせ
鬼石の街を抜け。

神流川を渡れば埼玉県は神川町。

紅葉は山間部から平野部へ。
うん、秋のコントラストが素敵だ。

2014年3月に閉校となった
町立 神泉中学校が会場。

閉鎖された学校と言うことで
ただならぬ雰囲気・・・かと思えば

意外にも(失礼!)とても綺麗で。

それもそのはず。

2018年4月より【神川町多目的交流施設】
として再スタートしたようです。

校舎入口が自動ドアだった。

芸術祭は校舎2階の
教室で行われていました。

今は会議室のようですね。

会場では3名のアーティストさんの
作品が展示されていました。

佐藤リトル
little sato

1980年埼玉県本庄市生まれ

日本写真芸術専門学校卒業
写真スタジオを経て家業を継ぐ

鳥越義弘
yoshihiro torigoe

様々な「肖像」を、モチーフと対峙し、
感じ、触れながら描画し記録する。

小林紋子
ayako kobayashi

1985年北海道札幌市生まれ

日本写真芸術専門学校卒業
文化出版局写真部を経て独立

うん、シュールだ・・・。

ロケーションもいいですね。
とても素敵な作品に出会えました。

山間の緑は美しく色付き。

冬桜も花を咲かせ始めました。

脇を流れる神流川を渡れば群馬県。

近くには桜山公園があり冬桜のお花見、
その山麓ではみかん狩りも楽しめます。

行楽の秋と共に芸術の秋も是非♪

会期は11月18日(日)までです。
お時間をつくってお出掛け下さいませ。

スポンサーリンク

– こだま芸術祭について –

こだま芸術祭

開催日:11月2日(金)〜18日(日)
開場:開場 11:00 閉館 17:00
開催地:埼玉県児玉郡市
主催:(公社)こだま青年会議所
運営:こだま芸術祭実行委員会

参加アーティストや会場については
公式サイトからご確認下さい ↓

今回お出掛けした会場は・・・

旧神泉中学校(多目的交流施設)
神川町下阿久原1088