スポンサーリンク
スポンサーリンク
多言語に翻訳する

名峰に囲まれて花咲き乱れる日本最大の山岳湿地。秋は美しい深紅葉に見惚れよう|群馬・福島観光「尾瀬国立公園 尾瀬沼」。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

 

名峰に囲まれて花咲き乱れる
日本最大の山岳湿地 尾瀬国立公園

2007年に国立公園に指定され
程なくで15周年を迎えます。

周囲を2,000m級の山々に囲まれ
盆地状になった湿原は見渡す限りの草原。

6月の水芭蕉の時期から
10月の草紅葉・紅葉の時期まで、

多くの登山客の皆様で賑わいます。

公園内で最も有名なのは尾瀬ヶ原ですが
少し離れた尾瀬沼も素晴らしく(*‘ω‘ *)

今回はその尾瀬沼をフィーチャー。

お出掛けは10月初旬の紅葉期。
美しい深紅葉が出迎えてくれました。

 

スポンサーリンク

 

尾瀬沼の場所とアクセス方法

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼(尾瀬沼)の所在地は、

群馬県利根郡の片品村と
福島県南会津郡も檜枝岐村。

群馬県と福島県にまたがる沼です。

群馬県で例えると県の北側。

「鶴舞う形の群馬県」の
左の小翼羽あたりに位置します。

尾瀬沼と尾瀬ヶ原ってどう違うの?

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

一括りに「尾瀬(おぜ)」と言えど
尾瀬ヶ原尾瀬沼エリアで別れています。

尾瀬ヶ原は標高1,400mにある盆地。

周りを2,000m級の山々に囲まれており
峠越えで入山する必要があります。

一般車両は入れませんので
壮大な歩行者天国になっています。

山小屋への物資や急病人の搬送も
ヘリで行われるような場所です(´ω` )

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

一方で尾瀬沼は一周約2時間半の沼のほとりに
小ぶりな湿原を伴うレイクビューエリア。

こちらも入山の時以外は激しい山場はなく
木道が整備されているので散策しやすい。

山・沼・史跡・湿原など
見どころが凝縮しているため、

短時間滞在でも満足度が高めです d(´∀`*)

群馬県側から尾瀬沼を目指す

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼は福島県側からでも
群馬県側からでもアクセスが可能です。

群馬県民の私はもちろん
群馬県側からアタック٩( ‘ω’ )و

今回は沼の東南にある
大清水(おおしみず)からスタートだ!

駐車場について

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

駐車場は第一駐車場・第二駐車場とあり
先着順、有料にてご利用頂けます。

料金は 1日 大型車 1,500円
普通車は500円です。(2022年9月執筆現在)

■大清水第一駐車場

■大清水第二駐車場

乗合バスでショートカット

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

群馬県側から入山する場合は
駐車場から一ノ瀬休憩所まで林道を歩き、

一ノ瀬休憩所から尾瀬沼への
ハイキングコースに入り三平峠を越え、

尾瀬沼を目指すのが一般的です。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

一般車は大清水駐車場から先の
通行は禁止となっており、

6月下旬から10月中旬まで
シャトルバスが運行されています。

全行程を歩いて行くも良しですが
バス利用でショートカットするも良し。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

区間は駐車場から一ノ瀬休憩所まで。
所要時間は片道15分程度です。

運賃は大人700円、こども350円。
(2022年9月執筆現在)

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

距離にすると約3.2キロ。

歩けば45分位は掛かると思うので
大幅に時短できます。

三平峠のために足をとっておけるので
ビギナーの方は利用を勧めとく。

私は往路は歩きで
復路は乗らせて頂きました。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

ちなみに2021年の時刻表を載せときます。
30分に一本程度の運行みたいですね。

三平峠を越えていこう

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

バス乗り場のある一ノ瀬休憩所から
ハイキングコースに入り、

三平峠を越えて尾瀬沼を目指します。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

別名、尾瀬峠。
標高は1,762メートルです。

尾瀬沼まで約1キロの山登り。

難易度は低めだと思いますが、

登るにつれ勾配は増し
足場の悪いところもあるので、

しっかりと登山のできる服装、
シューズで挑みましょう。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

ここで滑って盛大に転んだのは内緒だ。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

てな感じで三平峠 山頂に到着。

思いのほか達成感がないのは
ここが目的地ではないからであろう。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

そこから尾瀬沼方面へ少し下ると
大湿原が見えてきます。

目指す尾瀬沼がようやく間近に。

逸る気持ちを抑え
気を付けて下って行こう⊂( ^ω^)⊃

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼のほとり、三平下へ。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

三平下には沢山のベンチがあり、

休んだりお弁当を食べたり
峠越えの憩いの場になっています。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

三平下までの行程は序章にすぎず
尾瀬沼の本題はここから。

もはや記事に終わりが見えないので
ここからは少し速足で進めます。笑

尾瀬沼を周遊しよう

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼は周囲長 約9キロ。
歩くと一周 約3時間を要します。

今回はその時間がなかったので、

三平下から40分程度で行ける
大江湿原までを歩いてみました。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬の湿原や登山道には
木道(遊歩道)が整備されています。

尾瀬国立公園にある木道を、

全て足し合わせると
その距離は約65km以上に(‘Д’)

この木道はぬかるみがひどい場所に
丸太をおいて歩きやすくしたものが始まりで、

その後、丸太を縦に割って平らにしたものや
板を並べるようになったんだそうな。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

天災で木が倒れたのかな(;´・ω・)
自然の脅威を目の当たりにできます。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

木道を大江湿原方面に30分程度歩くと
尾瀬沼ビジターセンターに到着。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

2021年7月にリニューアルオープン。

建て替えに伴って展示物も刷新し
尾瀬の成り立ちや生息する動植物について、

より視覚的、体感的に
学ぶことができるようになりました。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬の自然や入山の心得
守ってもらいたいマナー、

歴史なども紹介していますよ。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

ビジターセンターの周りには
気になる施設が充実していました。

まずは長蔵小屋 売店から。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

オリジナルTシャツや手ぬぐい、絵はがきなど
尾瀬のお土産を多数ご用意しています。

ホットコーヒーをはじめ、
お飲物やスナックなども各種ございました。

手作りしそジュース(期間限定)も好評だそうですよ。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

売店の裏側にはトイレ。
(食事中でしたらすみません・・・)

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

なぜトイレをフィーチャーしたかと言えば
協力金にご協力して欲しいから。

尾瀬ではそのまま汚水を垂れ流さないよう
各トイレに浄化槽が設置されています。

維持に大変な費用がかかるので
トイレは基本的に寄付金方式になっています。

尾瀬の自然を守るためにも是非、協力を。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

その他にも元長蔵小屋や、

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼ヒュッテ

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

長蔵小屋など胸熱の施設が充実。
願わくば次回泊まってみたい。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

ビジターセンターから歩を進めると
大江湿原に差し掛かります。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼の最上流に位置する湿原。

真ん中を大江川が流れていることから
大江川湿原とも呼ばれます。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

大江湿原はニッコウキスゲや
ワタスゲの大群生など、

花の湿原として人気です。

今回はその時季ではなかったけれど
一面の秋色がとても綺麗でした。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

 尾瀬のシンボル的な山である
燧ヶ岳(ひうちがたけ)

福島県の最高峰であり東北の最高峰。

日本百名山のひとつで
頂から見下ろす尾瀬は絶景だとか。

次回はここもアタック予定です。

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

もう少し先まで行きたかったけど
ここでタイムリミット(ノД`)

来た道を引き返して帰りました。

尾瀬をフルに堪能するのであれば
日帰りでは厳しいかなと思います。

時間を作って再訪を誓うのでした。

上毛かるた「せ」仙境尾瀬沼 花の原

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

群馬県民の必修科目 上毛かるた

そのかるたの「せ」の札で詠まれる
県下有数のビュースポット。

仙境尾瀬沼 花の原
(せんきょうおぜぬま はなのはら)

仙境を大辞泉で調べてみれば、

俗界を離れた静かで清浄な土地
なんだそうだけど正にそれ。

沼までの道のりは厳しいですが是非
お出掛け頂きたい観光スポットです。

夏が来れば 思い出す 遥かな尾瀬 遠い空
次回は水芭蕉の花が咲く季節に。

くれぐれも登山に適した装いで
お出掛け下さいませ( ̄^ ̄)ゞ

撮影日|2021年10月3日(日)

尾瀬沼|群馬県片品村・福島県檜枝岐村

スポンサーリンク

尾瀬国立公園 尾瀬沼について

尾瀬国立公園 尾瀬沼(おぜぬま)
住所群馬県利根郡片品村・福島県南会津郡檜枝岐村
問い合わせ0241-75-2432(尾瀬檜枝岐温泉観光協会)
営業時間
定休日
関連サイト尾瀬檜枝岐温泉観光協会
アクセス大清水駐車場まで
■お車でお出掛けの場合
 関越道沼田I.Cから国道120号線経由 42km
■公共機関をご利用の場合
 JR上越新幹線 上毛高原駅からバスで約2時間
 JR上越線 沼田駅から約1時間30分
地図

群馬には観光スポットが目白押し

毛無峠|長野県吾妻郡嬬恋村

群馬のお勧めスポットをまとめています。
下のバナーから、併せてお読み下さい(。・Д・)ゞ

群馬でお散歩
群馬県の観光スポットをご紹介しています 四季折々、美しき群馬の景色を・・・

コメント

この記事を書いた人

群馬県は藤の花咲く街の人。

群馬グルメや群馬レジャー、群馬パン屋のことなどを
熱量高くご紹介しています。

時には県外のこともちらほらと。
稀に趣味の自転車やカメラのことも。

コメント、随時お待ちしております♪
メディアへのお誘い、掲載依頼も大歓迎です。

「お問い合わせ」や「コメント」から
お気軽にご連絡下さいませ。

Tokina.をフォローする
タイトルとURLをコピーしました