スポンサーリンク

川越城本丸御殿で小江戸の歴史をお勉強。

この記事は約3分で読めます。

川越城本丸御殿
2018年8月28日(火)

 

武家風の落ち着いた造りが印象的な
江戸時代17万石を誇った川越城唯一の遺構。

現在に残る川越城本丸御殿は
明治維新後の解体により、

嘉永元年(1848)に時の藩主松平斉典により
再建されたものの一部。

現存しているのは玄関・大広間と
移築復元された家老詰所となっています。

 

川越氷川神社をあとにして、
向かったのがこの埼玉県指定文化財。

川越城は現在、城址の大部分が市街地となっており
往時の姿を想像するのは難しく。

現存しているのは
本丸御殿のこの一部のみ・・・だそう。

全国的に見ても貴重な遺構のようですね。

てな訳で小江戸川越を食べ歩く前に、笑
歴史のお勉強もしっかりと。

趣きのある御殿内を見学してきました。

 

スポンサーリンク

 

川越城本丸御殿の所在地は
埼玉県川越市の郭町。

時の鐘がある蔵造りの町並みや
菓子屋横丁から東に約1キロ。

川越氷川神社からなら数百m程と
歩いてもアクセス良好です。

なお、駐車場は本丸御殿のすぐ隣り。

見学の場合は受付で駐車券にスタンプを
押してもらえば無料になりますよ♪

ささ、格式高く広ーい玄関から
本丸御殿内へ失礼します。

土足禁止につき靴を脱いで。
伝統的なジャパニーズスタイルです。

正面には36畳の広さがある大広間。

それを横目に受付へ。
入場券を購入する訳ですが・・・

特筆すべきは入場料。

・一般100円(80円)
・大学生・高校生50円(40円)
※( )内は団体料金 20人以上
・中学校就学前の方 無料

と、とても有難い料金です。

我が家なら3人の小学生は無料、
大人ふたりで200円♡

で、本丸御殿の館内はこんな感じ。

廊下がぐるりと部屋を取り囲んでおり、
時計回りにぐるっと一周の運びです。

日本庭園風の庭が美しく。

貴重そうな展示物もあり。

日本100名城のスタンプがずらり。

離れて的な感じの家老詰所へ。

奥の方には家老の人形があり、
当時のやりとりの様子が窺えます。

真面目に話し合ってるんでしょうが
良からぬ談合をしている・・・

様に見えるのは自分だけじゃないはず。
テレビの見過ぎかな。苦笑

真似てみる。笑

家老詰所をあとにして本線へ。

時代を感ず廊下には、
場所により3種類の木が使われているそう。

で、最初横目に見た大広間を
見学して終了となります。

そもそも本丸御殿とは?

城主の居住、並びに政務の場、
そして家臣の常駐する部屋があり。

言うなればお城の中心だそう。

現存でも結構な大きさなので
全部残っていれば・・・

とてつもない大きさでしょうね。

なお、本丸御殿の道向かいには
川越市立博物館や川越市立美術館。

ここいらだけでも
川越の観光スポットがひしめきます。

今回はそこいら周れなかったので
次回お出掛けの際の宿題に・・・。

川越散策の際は是非♪
お子様の夏休みの課題にも最適です^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Information

川越城本丸御殿
埼玉県川越市郭町2-13-1
049-222-5399(川越市立博物館)

開館時間
9:00~17:00
(入館は16:30まで)

休館日 月曜日

詳しくは公式HPをご参照下さい ⇒

ここの前にお出掛けした
川越氷川神社の記事はこちらから ↓

川越氷川神社の夏の風物詩・縁むすび風鈴回廊。
夏休み最後の思い出づくりに小江戸川越へ。まずは川越氷川神社へ参拝に行ってきました。神社に祀られる神々は ご家族であることから家族円満の神様。また、2組の夫婦神が鎮座していることから夫婦円満・縁結びの神様としても信仰されているようですね。何より美しい縁むすび風鈴回廊は必見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました