スポンサーリンク

紅葉に映える花桃の桃源郷「神戸駅」、列車のレストラン「清流」で駅弁ランチ。

この記事は約5分で読めます。

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

わたらせ渓谷鐡道 神戸駅
2019年10月20日(日)

 

群馬県みどり市東町神戸にある
わたらせ渓谷鐵道 わたらせ渓谷線の駅。

四季折々、豊かな表情で
乗る人、訪れる人を魅了します。

有名なのは「はなもも」の花。

春になると約300本の花桃が咲き乱れ
桜と花桃のトンネルが列車を迎えます。

 

草木ダム・草木湖からの帰り道に
フラッと立ち寄ったのがこの神戸駅

「こうべ」でも「かんべ」でもなく
「ごうど」って読むんだな( ´ ▽ ` )

みどり市方面へのお出掛けの際に
寄ってみたかった場所のひとつです。

古く趣きのある木造駅舎は
大正時代に建てられたようで、

昭和初期と昭和30年代に改築。

今なお、現役の駅舎として
東町を訪れる方を優しく迎え入れます。

大自然に包まれる小さな木造駅舎は
郷愁を誘うような興趣に満ち。

映画やCMなどのロケ地としても有名で、

鉄道ファンのみならず
誰しもが愛する駅だと思うんだ。

 

スポンサーリンク

 

神戸(ごうど)駅の所在地

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

神戸駅の場所は
群馬県みどり市東町の神戸。

栃木県日光市へと続く国道122号線から
少し入った場所に佇みます。

駅舎の奥には山が連なり
山間に沿い渡良瀬川が流れます。

アクセス方法

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

お車で群馬方面からであれば、

みどり市大間々町に市街地から
国道122号線をひたすら北上。

道なりに進んで行き
「神戸」のT字路を右折。

坂道を下った右手が目的地。

電車であれば言わずもがな、

わたらせ渓谷鐵道 わたらせ渓谷線。
始発の桐生駅から12番目の駅です。

神戸駅の構内へ入ってみた

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

駅舎 目の前の駅前広場に車を停めて
駅構内へお邪魔します。

電車の利用にはお金が掛かりますが
入場と見学は無料です。

有り難や有り難や(*‘∀‘)

無人駅と言うことで
職員さんは居なかったと思う。

でも、オレンジの帽子を被った
スタッフさんがフラフラしてたんだ。

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

駅舎側の1番線が足尾方面、
反対側の2番線が桐生方面。

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

跨線橋を使って行き来します。
また、桐生寄りにはスロープもあります。

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

2番線から駅舎をパシャ。

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

スロープから跨線橋方面を。
どこを切り取っても絵になります。

神戸駅で撮り鉄してみた

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

そうこうしていると
カーンカーンカーンカーン・・・

電車のやってくる音が。

跨線橋へと急いで向かい、
撮り鉄なんてしてみました(‘◇’)ゞ

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

足尾方面から2番線へ。

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

到着、みんなに迎え入れらるんだ。

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

まもなく出発!

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

桐生方面へと駆けて行きます。
うん、感無量だ(*´ω`*)

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

今回は通常の電車でしたが、

トロッコ電車なら
更に良い絵になるんだろうなぁ。

列車のレストラン「清流」

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

撮り鉄をしていたらお腹が減ったので
そのままランチの運びとなります。笑

神戸駅の構内、2番線側には、

列車のレストラン 「清流」さんと言う、
お食事処がございます。

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

今までの写真の中でもちょいちょいと
視界に入ってきたこの電車がそれ。

けごんとして東武鉄道日光線を走っていた
元1720系「デラックス・ロマンス・カー」の

4両目と5両目を利用した列車レストラン。

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

雰囲気とても宜し(*‘∀‘)
そいじゃ店内へお邪魔します。

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

入って正面に厨房、
左手に食券機がございます。

券を購入してスタッフさんの方へ。

お料理が出来たら呼ばれるので
それを持って席へ向かいます。

なお、厨房は撮影NGです。
お気を付け下さいね(‘◇’)ゞ

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

動いている訳ではありませんが
旅情を楽しめる空間。

最高のロケーションだ(‘Д’)クワッ

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

駅舎を眺めながら
お昼ごはんをいただきます。

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

舞茸天うどん

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

わてつカレー

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

やまと豚弁当 みそ汁付

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

今回、特質すべきがこのお弁当。

風味抜群のやまと豚に
しょうゆベースのタレが掛かります。

掛け紙の裏側は沿線ガイド。

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

特製の手ぬぐいが付属する
ユニークな駅弁です。

 

この他にも麦とろ定食
トロッコ弁当ソースカツ重など

お食事メニュー充実しています。

また、一品料理やおつまみ、
アルコール類の販売もございます。

うん、電車で来ればよかった(‘ω’)

ともあれ、神戸駅へ出掛けたら是非!
良い思い出になることと思います♪

列車のレストラン 清流 at 神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

列車のレストラン「清流」について

列車のレストラン「清流」
住所群馬県みどり市東町神戸886-1 わたらせ渓谷鐵道 神戸駅構内
問い合わせ0277-97-3681
営業時間11:00~16:30
定休日4月~11月は無休
12月~3月は月曜定休(但し月曜日が休日の場合は翌日)
公式サイトwatetsu.com/seiryu
アクセスわたらせ渓谷鉄道 神戸駅構内
地図

神戸(ごうど)駅のまとめ

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

今回は晩秋のお出掛けと言うことで
界隈の紅葉とのコントラストが美しく。

この情緒ね、たまらない(*´з`)

でもやっぱり気になるのは
花桃が咲き乱れる春

次回のお出掛けは既に
この時季って決めています。笑

なお、花桃の開花時期にあわせて
神戸駅花桃まつりも開催されるとのこと。

狙うしかないでしょ?

願わくばトロッコ電車に乗って
この駅を訪れたいみたいなぁ(*´ω`*)

近くには草木ダムや富弘美術館など
観光スポットが多々ありますが、

ここも併せて出掛けて欲しい
鉄分多めなみどり市の観光スポットです♪

神戸駅(ごうどえき) -群馬県みどり市東町

スポンサーリンク
スポンサーリンク

神戸(ごうど)駅について

わたらせ渓谷鐵道 わたらせ渓谷線
神戸駅(ごうどえき)
住所群馬県みどり市東町神戸891番地
問い合わせ
営業時間
定休日
公式サイトわたらせ渓谷鐵道|神戸駅
アクセスわたらせ渓谷鐵道 わたらせ渓谷線
桐生駅から12番目の駅です
地図

併せて出掛けたい近くの観光スポット

昭和にタイムスリップ「上神梅駅」

傾がる木製改札口、郷愁誘い情緒溢れる駅舎「上神梅駅」。
群馬県みどり市大間々町の上神梅駅(かみかんばいえき)をご紹介。わたらせ渓谷鐡道の駅舎、木造平屋建てで郷愁を誘う情緒溢れる佇まいが魅力です。駅本屋とプラットフォームが国の登録有形文化財に指定。木製の改札口が今なお残り、その風情から映画などのロケ地にも使われるそうです。令和なれど昭和がここに有ったんだ。

「大間々駅」と「烏天狗」と「高津戸峡」

大間々の魅力の中心「烏天狗」、はねたき橋からみどりの渓谷 「高津戸峡」を。
群馬県みどり市大間々町の「はね瀧道了尊」をご紹介。大間々独自の信仰のひとつで、烏天狗のほとけ様がねじりん棒を手に持ちます。・・・気になるでしょ?笑 その界隈、はねたき橋からは高津戸峡の美しい眺め。東毛地域を代表する新緑・紅葉の名所なんだそう。わたらせ渓谷鐡道 大間々駅から近く。お出掛けの際は烏天狗にご挨拶を!

ダム湖百選「草木ダム・草木湖」

足尾の山々 背景に湖面に映る四季折々を・・・「草木ダム・草木湖」。
群馬県みどり市東町の「草木ダム・草木湖」をご紹介。渡良瀬川の本川上流に建設されたダムとダム湖です。四季折々の絶景は観る者を虜にし。その景観の美しさから「ダム湖百選」にも選ばれています。秋の紅葉シーズンは特に必見!日光へと続く国道122号線を通る際は必ず立ち寄りたい群馬の観光スポットです。

生きている歴史博物館「足尾銅山観光」

トロッコ電車で坑内へ・・・日本一の鉱都「足尾銅山観光」。
栃木県日光市足尾町の「足尾銅山観光」へお出掛け。かつて「日本一の鉱都」と呼ばれ大いに栄えた足尾銅山の坑内観光施設(歴史博物館)です。閉山後に坑内の一部が開放され、トロッコ電車に乗って坑道にへ・・・。足尾銅山観光の概要や坑内の様子、料金や駐車場、アクセス方法をまとめましたのでお出掛けの際の参考にして下さい♪

「足尾砂防ダム」「銅親水公園」「近代産業遺産群」

足尾銅山のその先へ・・・「足尾砂防ダム」に「銅(あかがね)親水公園」、「近代産業遺産群」探訪。
足尾銅山観光のその先へ・・・。「足尾砂防ダム」と「銅(あかがね)親水公園」のご紹介です。‟日本のグランドキャニオン“と呼ばれる松木渓谷の入口にあり、公園内には足尾環境学習センターなど魅力がいっぱいです。道中の「足尾の産業遺産群」も必見!時間がいくらあっても足らないんだ(;´・ω・)

コメント

  1. トモ より:

    Tokinaさん、こんにちは。
    3月のラジオ出演の際にコメントさせて頂いたトモです。
    毎回楽しく拝見しています
    わたらせ渓谷鐵道!いいですよね!!私もここ数年行ってみたいな~と思っているのですが、時間ばかり過ぎてしまっています。
    今回のブログを見て今度こそ行きたい!と思いましたw

    Tokinaさんの轍を辿りながら今年こそは・・^^;
    あっ、それとカメラはα7Ⅱでしたよね?買い替えてしまいましたか?私もα7Ⅱを使用してるので少し気になってます(最近はフイルムカメラに凝っている私ですが・・)
    カメラネタも楽しみにしてます。
    それでは頑張って下さい。

    • Tokina. より:

      トモさん>

      トモさん、こんにちは!
      ご無沙汰しています、コメントありがとうございます(*’ω’*)

      ブログ見てくれているんですね!!
      嬉しいです♪

      今回、足尾銅山観光に併せてわたらせ渓谷鐡道の記事も書かせて頂きましたが、
      シリーズを書き終えて思い出しても「行って良かった」印象しかありません。

      自分も「行ってみたい」止まりで、今回が初めてのお出掛けでしたが、
      どこへ行っても絵になる、とても素敵な景色が待っていました。

      紅葉もずいぶん深まって来たと思うので、
      このタイミングで出掛ければきっとその郷愁に心をもっていかれると思います。笑

      是非、記事をご参考にして頂ければ♪

      ちなみに自分はα7Ⅱからα7RⅢへと買い換えました。

      7Ⅱはとても良いカメラですね。
      手放すのを少しためらいましたので・・・(;´・ω・)

      フィルムカメラ、良いですね!自分も大好きです。

      学生時代は某量販店のカメラコーナーでフィルムカメラを売っていました。笑
      なもんで知識だけは半端なくありますよ。

      長くなりましたが最後に、応援ありがとうございます。
      今後ともタメになる記事を手掛けていきたいと思います。

      気が向いたらまたコメント下さいね!

タイトルとURLをコピーしました