【中国・揚州編】スタート!

現在、日本を離れ中国の揚州市で生活をしています。せっかくの機会なので揚州の街並みをご紹介していければと、新たに「中国・揚州編」としてブログを開設しました!美しき中国の景色を是非ご覧下さい。

中国・揚州編を見てみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
多言語に翻訳する

金運アップのパワースポット!銭神様に手を合わせてお金に不自由しない人生を送ろう|秩父観光「聖神社と和銅遺跡」。

聖神社|埼玉県秩父市

 

西暦708年に和銅遺跡から銅が発見され、

その銅を利用して日本最初の流通貨幣
「和同開珎」を発行したってのを、

中学生の頃に習った記憶が・・・
有るような無いような (´ε`;)笑

そんな和同開珎ゆかりの神社が聖神社さん。
埼玉県秩父市に鎮座するお社さんです。

「お金に不自由しない」と伝えられる
銭神様が祀られており、

パワースポットとしても注目されています。

そんなご利益しかなさげなお社さんへ
金運アップを祈願しに行ってみよう(•’ ‘•)و✧

 

スポンサーリンク

 

聖神社|埼玉県秩父市

聖神社さんの場所は
埼玉県秩父市の黒谷(くろや)

聖神社|埼玉県秩父市

秩父の市街地からは少し離れた
緑豊かで長閑な場所に位置します。

聖神社|埼玉県秩父市

お車でお出掛けの場合は関越 道花園I.Cより
国道140号を秩父方面へ約40分。

公共機関をご利用の場合は秩父鉄道
和銅黒谷駅下車、徒歩5分で目的地へ到着です。

聖神社|埼玉県秩父市

駐車場は神社の前。
10台程度の駐車が可能です。

近くに臨時駐車場もあるようなので
情報を入手してからお出掛けを。

聖神社|埼玉県秩父市

御本尊の聖神社は
入母屋造りの礼拝殿が正面にあり、

その奥に一間社流造りの本殿があります。

社殿は江戸中期宝永6年(1709)年頃に、

大宮郷の工匠大曽根与兵衛によって
建立されたものだと言われています。

桃山期の遺風を残した活気と
優雅さを思わせる彫刻が施されていて、

聖神社の社殿として
秩父市指定有形文化財になっています。

聖神社|埼玉県秩父市

本殿脇の和同開珎のモニュメントや
静かな佇まいは厳粛で、

厳かな気分にさせてくれます(*´ω`)

聖神社|埼玉県秩父市

本殿横には境内社和銅出雲神社。

宝くじを持参すると宮司さんが
ご祈願をして下さいます。

当てたい方は是非ご持参を( ・ㅂ・)و ̑̑

和銅採掘露天掘跡|埼玉県秩父市

無論、御朱印と御守りを
いただくこともお忘れなく。

御守りは財布に入れて
欠かさずに持ち歩いています。

聖神社|埼玉県秩父市

聖神社を参拝したらその足で、

1300年前に実際に銅が採掘されたと言う
和銅採掘露天掘跡へ行ってみよう。

神社から歩いて15分程度です。

聖神社|埼玉県秩父市

神社とは別世界の自然に癒され、

鳥の歌声やマイナスイオンに
心も身体も癒されます(*´ω`)ホア

聖神社|埼玉県秩父市

聖神社|埼玉県秩父市

和銅採掘露天掘跡には、

聖神社のモニュメントより大きい
高さ5mのそれが存在します。

モニュメントの脇を銅洗堀と呼ばれる
小さな谷川が流れており、

どの季節も一見の価値がございます。
秩父を代表する開運スポット!

神社へ参拝の際は是非お出掛けを。

和銅採掘露天掘跡|埼玉県秩父市

なお、季節にもよりますが、

山の中に入っいくので
夏でも長袖を持って行くか、

虫除けスプレーなど
あった方がいいと思いますよ。

聖神社|埼玉県秩父市

日本初の通貨・和同開珎に由来する
お金にちなんだパワースポット。

商売繁盛の神社はよく見かけますが、

お金にちなんだ神社って
なかなかお目に掛かれませんよね。

そう考えると結構レアな場所かも(b゚Д゚)

お金なんていくらあっても困らないですからね。
何度でも手を合わせに来ちゃいます。笑

ゆっくり見て回っても1時間半程度。
由緒正しき和銅遺跡巡りはいかが?

秩父へお出掛けの際は是非(。ᵕᴗᵕ。)”

聖神社|埼玉県秩父市

スポンサーリンク

聖神社について

聖神社(ひじりじんじゃ)
住所埼玉県秩父市黒谷2191
問い合わせ0494-24-2106
営業時間9:00〜16:30
定休日
公式サイト秩父・和同開珎を巡るロマンの旅 和銅遺跡と銭神様
アクセス秩父鉄道 和銅黒谷駅から400m
地図

埼玉県の観光・グルメのまとめ

長瀞とガレ|埼玉県秩父郡長瀞町

埼玉県の観光・グルメをまとめています。
下のバナーから併せてお読み下さい(。・Д・)ゞ

埼玉県の観光・グルメまとめ
埼玉県の観光・グルメをまとめています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
県外遠征
\ この記事をシェアする /
Tokina.をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
群情色。(ぐんじょういろ)| 群馬の情報、色々と

コメント

この記事を書いた人

群馬県は藤の花咲く街の人。

群馬グルメや群馬レジャー、群馬パン屋のことなどを
熱量高くご紹介しています。

時には県外のこともちらほらと。
稀に趣味の自転車やカメラのことも。

コメント、随時お待ちしております♪
メディアへのお誘い、掲載依頼も大歓迎です。

「お問い合わせ」や「コメント」から
お気軽にご連絡下さいませ。

Tokina.をフォローする
タイトルとURLをコピーしました