スポンサーリンク
スポンサーリンク
多言語に翻訳する

秘境グンマーに伝説のエクスカリバー!?御荷鉾の山奥に眠る剣を抜いて勇者になろう|神流観光「御荷鉾不動尊の鉾」。

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

 

秘境って言葉がよく似合う群馬の山奥に
エクスカリバーが眠っているとの情報を得て、

その真偽を確かめるべくお出掛けだ٩( ‘ω’ )و

向かったのは藤岡市と多野郡神流町に跨る
ぐんま百名山の「御荷鉾(みかぼ)山」。

西上州を代表的する名山で
古来より地元の方々に信仰されています。

野を越え山越え名無村を越え
林道を抜けた先に大きな剣がドーンッ!!

眠ってるとか刺さってるとかじゃなく
立っていると言うまさかの展開。

これだから群馬はやめられないね(。-∀-)

正式な名称はわかりませんが
御荷鉾のエクスカリバーと呼んでおこう。

 

スポンサーリンク

 

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

大鉾のある場所は
群馬県多野郡神流町の生利。

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

鶴舞う形の群馬県の南西
右の小翼羽のへんに位置します。

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

西御荷鉾山 南(中央)登山口のすぐ横。

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

関東屈指の絶景ロングダート、

「御荷鉾スーパー林道」を走っていれば
自ずと目に入ってくると思います。

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

お車やバイクでお出掛けの場合は、

上信越道 藤岡I.Cから一般道経由
41キロ、約1時間10分で目的地。

公共機関をご利用の場合は・・・
あえて割愛しておこう。

バスは通っていないと思うし
タクシーじゃちょいと遠すぎる。

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

今回は藤岡の市街地から、

上日野線藤岡を通り
御荷鉾スーパー林道経由の目的地。

途中、藤岡市の山間にある
名無村を通ることになる。

読み方は「ななしむら」ではなく
「ななむら」と言う衝撃。

もの珍しさに訪れる方も多いようだ。

まぁあれだ、群馬ぐらいになると
村に名前なんて無くてもいい。

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

御荷鉾山の袂には神流湖が広がり
下久保ダムが堰き止めます。

ダム湖百選にも選ばれる
美しい景観が特徴です。

こちらへも是非お出掛け下さい♪

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

で、本題のエクスカリバー。

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

近づくとその大きさに驚愕します。

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

デカい、とにかくデカい・・・。

見物している方と比べると
その大きさがよくわかりますね。

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

鉾の隣りには地域の山岳信仰や
剣が奉納された経緯などが記された、

石碑が建っていました。
ざっくり解説するとこんな感じだ ↓

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

古くから信仰が厚く
霊峰として称えらる御荷鉾山。

かつて村で疫病が流行した際に
不動尊の加護を祈り疫病を鎮めたそう。

村民の暮らしの繁栄を守り続けた
霊験あらたかな御荷鉾山不動尊。

健康と長寿を願うと共に、

御荷鉾山不動尊の象徴とされる
この鉾が建立されたそうですよ。

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

前面道路の御荷鉾スーパー林道は、

周辺景色を眺めながらのツーリングや
ドライブに最適なスポットです。

大鉾までの道のりは所々狭かったり
急な段差があったりもするので、

細心の注意を払ってお出掛けを。

辺りにはこれと言って何もなく
登山以外の目的の方は稀だと思いますが、

話のネタになることは間違えなし( ・ㅂ・)و

謎に包まれし群馬B級スポット。

大秘境に眠る伝説の剣を抜いて(撮って)
世界を守る勇者になろう!

藤岡方面へお出掛けの際は是非♪

西御荷鉾山登山口の鉾|群馬県多野郡神流町

スポンサーリンク

御荷鉾山不動尊の鉾について

御荷鉾(みかぼ)山不動尊の鉾
住所群馬県多野郡神流町生利 西御荷鉾山登山口
問い合わせ
営業時間なし
定休日なし
公式サイト
アクセス上信越道 藤岡I.Cより約1時間
地図

群馬には観光スポットが目白押し

毛無峠|長野県吾妻郡嬬恋村

群馬のお勧めスポットをまとめています。
下のバナーから、併せてお読み下さい(。・Д・)ゞ

群馬でお散歩
群馬県の観光スポットをご紹介しています 四季折々、美しき群馬の景色を・・・
スポンサーリンク
スポンサーリンク
西毛エリアでお散歩群馬でお散歩
\ この記事をシェアする /
Tokina.をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
群情色。(ぐんじょういろ)| 群馬の情報、色々と

コメント

この記事を書いた人

群馬県は藤の花咲く街の人。

群馬グルメや群馬レジャー、群馬パン屋のことなどを
熱量高くご紹介しています。

時には県外のこともちらほらと。
稀に趣味の自転車やカメラのことも。

コメント、随時お待ちしております♪
メディアへのお誘い、掲載依頼も大歓迎です。

「お問い合わせ」や「コメント」から
お気軽にご連絡下さいませ。

Tokina.をフォローする
タイトルとURLをコピーしました