最高峰のレンズでワンランク上を目指し。 -SONY SEL50F14Z

SONY Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
Eマウント用レンズ SEL50F14Z

高コントラストと高解像を実現した、
開放F値1.4の大口径単焦点レンズ。

上品な描写は【プラナー】の名に相応しく、
ヌケの良さ・ぼけ味は他と一線を画します。

フルサイズカメラであるSONY α7Ⅱを購入後、
まずはズームレンズを揃えようと・・・。

本体と一緒に標準ズームレンズ・SEL2470Z
その後、望遠ズームレンズ・SEL70200Gをば。

短スパンで購入してきた訳ですが、
やっぱり欲しくなるのが単焦点レンズです。

便利なズームレンズとは異なり、
焦点距離が固定されるレンズではありますが・・・

画質を追求していけば自ずとコレに辿り着きます。

で、結果から言ってしまえば
迷いに迷い過ぎて最高峰に手を出すって言うね。笑

そんな自身の新しい相棒を、
ザッとご紹介させて頂こうかと思います。

焦点距離50mmの所謂「標準」レンズ。

ファインダーを覗いた時、
人間の視野に限りなく近い画角です。

なので「標準」と呼ばれます。

この画角が狭いと感じれば広角域に、
遠くのものを大きく写したい場合は望遠域に。

自身においてはこの画角近辺を
一番良く使うので50mmと言う選択です。

F値は開放1.4と言う数字からの明るいレンズ。

この数字が小さいほど良くボケます。
そして暗所でも絶大な力を発揮してくれます。

知識が増える程にこの「1.4」と言う
数字の凄さを知ることが出来ますよ。笑

レンズ構成:9群12枚
最短撮影距離:0.45m
最大撮影倍率:0.15倍
焦点距離イメージ:75mm(*)
フィルター径:φ72mm
大きさ:最大径φ83.5mm、全長108mm
質量:約778g

(*:APS-Cサイズ換算値)

メーカーHP ↓

レンズの先端に、
フードを付けるとこんな感じ。

単体で見るとなんてことないですが、
とにかく大きいです。

更に言えば太い、そして重い。

愛機・α7Ⅱに付けるとこうなります。

カメラ本体が小さいもんだから、
その威圧感は半端ないです。

手に持つとズシッと重さを感じます。
はい、幸せな重さです。笑

鏡筒はしっとりと艶っぽく。
品格を感じる仕上がりになっています。

何よりその品格はこの青のロゴ、
【ZEISS】(ツァイス)の文字にあり。

このロゴがあるおかげで
お値段も生半可じゃなくなるって言う。涙

しかしながら所有欲は満たされます^^;

写真、手前がフォーカスリング。
マニュアル時にピントを合わせるリングです。

奥の数字が刻んであるリングは絞りリング。

最近のカメラは本体側で絞りを制御しますが、
これにおいてはレンズ側でも制御可能。

レンズ側の絞りリング・・・
何気なく使ってみれば、いやまとっても便利。

よくよく考えてみれば、
昔のレンズはみんなこうだった記憶があります。

レンズの右手にはフォーカスモードスイッチ。

ONにすれば絞りリングを動かす度に、
カチカチッとクリック感を感じることが出来ます。

OFFにすればクリック感なく、
スムーズに絞りリングが動きます。

動画撮影時は後者、操作音低減に役立ちそうですね。

レンズ面保護のためにフィルターを・・・
フィルター径は大口径のφ72mmです。

レンズの値段が値段なもんで、
こっちもいつもより奮発してみました。笑

購入してまだ日が浅いため、
レンズの癖や特徴を掴みきれていませんが・・・

最近だとこの記事この記事
このレンズを1本で頑張っています。

作例として少しでも参考になれば幸いです^^;

F1.4で立体感を演出する美しく自然なぼけ味。
ちょいと絞ればキリッとシャープに。

スナップや風景、ポートレートなどマルチに。

何を撮っても、どれを撮っても
ワンランク上の写真が撮れます。(気がします。笑)

ちょいと大きく重いのが玉に瑕ではありますが、
それと引き換えに美しい写真を。

プラナーの名に恥じぬよう
今後、更なる精進をしていかねば。笑