多言語に翻訳する
スポンサーリンク

藤棚から枝垂れる満開の藤の花|前橋「藤の名所 須賀の園」。

藤の名所"須賀の園"

 

明治末期に池泉回遊式の
個人庭園として造成。

昭和初期から"藤の名所"として
市民に親しまれてきたです。

何やら暫く見れなくなっていたようですが
前橋市がこの敷地の約半分を取得。

藤棚を中心に整備を進め
平成17年より公開を開始したとのこと。

藤棚の面積は約1,000㎡。

園内にある9本の藤の樹齢は
いずれも200年を超えているそう。

350年を越すものもあるとのことですよ。驚

 

てな訳で前橋の"藤の名所"須賀の園
お花見に行ってきました。

園内の藤の花はちょうど見頃を迎えており
美しく香り豊かに咲き枝垂れ。

うん、こりゃあ美しい(*´꒳`*)

住まう藤の咲く街のそれも綺麗だけど
ココの藤も負けず劣らずで。(負けず嫌い)

例年の見頃は4月下旬~5月上旬、
ちょうどゴールデンウィークあたりかと。

この藤棚は一見の価値あり。
グンマーの足利はココだっ(・Д・)クワッ

 

スポンサーリンク

 

須賀の園の場所とアクセス方法

須賀の園の場所は
群馬県前橋市は西片貝と言うところ。

JR両毛線 前橋駅から東へ約2kmの
賑やかな住宅街の一角にございます。

お車の場合なら国道50号線、
朝日町東交差点を北上し300m程度。

広瀬川を渡ってすぐです。

駐車場について

市街地と言うこともあるためか
専用の駐車場はない模様。

藤まつりなどのイベント開催時に限り、
保健センター駐車場が利用できるようです。

自分は今回、前橋こども公園
こども達を遊ばせている隙にお花見。笑

なのでそこの駐車場に車を停めました。

前橋こども公園からは1km弱。

広瀬川沿いをお散歩がてら
歩いて行けばあっと言う間に到着です。

ただね、前橋こども公園の駐車場は
休日は確実に混雑すると思うので

バスなど公共機関の利用が良さそうです。

藤の花の種類

てな訳で園内へお邪魔します。
多分ココが正門かと。

入口横の立て看板に歴史や藤について
色々と記載がありました。

藤の花の種類は、

ノダフジ(赤)3本
ノダフジ(白)1本
ノダナガフジ 2本
シロフジ 2本
ヤエコクリュウ 1本など。

どれも日本刀のような名前だな。笑

ヤエコクリュウとか
なんともイカした名前だぜ(*´Д`*)

須賀の園の藤棚の様子

グルッと園内を散策、お花見です。

その時に撮影した写真を
以下に貼り付けていきますね。

お花見のご参考にして頂ければ幸いです。

ノダナガフジ

岡山一才

うん、ネーミングよ。

ヤエコクリュウ、キタコレ(‘Д’)

独特な花の形してますね。
カッコイイ(*’ω’*)笑

「須賀の園」藤まつり

毎年、西片貝町自治会では
「須賀の園」藤まつりを開催しています。

「須賀の園」藤まつりの詳細は以下 ↓

 

令和2年の「須賀の園」藤まつりは
現在のコロナウィルス流行等の状況を考慮し
中止することになったようです。涙

なお、「須賀の園」は開いておりますので
藤の花は自由にご覧になれるそうです。

 

前橋市の公式サイトをご参照下さい ↓
www.city.maebashi.gunma.jp

色々な角度からお付き合い頂きましたが
やはりこのアングルは必見です。

頭上に広がる藤のシャワー。
これは是非ご体感いただきたい(*´ω`*)

関東一の名を冠す藤の名所

ちょうど見頃、G.W真っ只中の
9:30あたりにお出掛けしましたが

意外にも人は少なく。
ゆっくりお花見をすることが出来ました。

園内は比較的こじんまりとしているので
まず迷子になる心配はなく。笑

お散歩にもちょうど良いサイズ感です。

G.W中の群馬の穴場スポット見っけ♪
難点は駐車場が無いこと(;´・ω・)

これさえクリアできれば
絶景があなたを待っていますよ!

関東一の名を冠す藤の名所へ是非お花見に。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

藤の名所 須賀の園について

藤の名所 須賀の園
住所群馬県前橋市西片貝町5丁目地内
問い合わせ027-225-2116(前橋市公園管理事務所)
027-898-6845(前橋市公園緑地課)
開園時間常時開放
休業日年中無休
入園料無料
駐車場なし
藤まつりなどのイベント開催時に限り
保健センター駐車場が利用できるようです
アクセスJR両毛線 前橋駅からタクシー約10分
関越自動車道 前橋ICから約20分
地図

コメント

この記事を書いた人

群馬県は藤の花咲く街の人。

群馬グルメや群馬レジャー、群馬パン屋のことなどを
熱量高くご紹介しています。

時には県外のこともちらほらと。
稀に趣味の自転車やカメラのことも。

コメント、随時お待ちしております♪
メディアへのお誘い、掲載依頼も大歓迎です。

「お問い合わせ」や「コメント」から
お気軽にご連絡下さいませ。

Tokina.をフォローする
タイトルとURLをコピーしました