SEL50F14Z一覧

枝垂れる藤棚 妖艶に。 -ふじの咲く丘 2019ライトアップ

群馬県藤岡市にある藤の花をテーマにした公園【ふじの咲く丘】に見頃の藤の花のお花見に行ってきた。柔らかな春の陽射しの時もいいですが、日没後のライトアップもまた美しく。例年見頃はゴールデンウィークあたりです。是非、連休中のご予定に藤の花のお花見を入れてみては。どちらの時間帯でもオススメです♪

藤の名所 須賀の園で満開の藤棚のお花見を。

群馬県前橋市の【藤の名所 須賀の園】へお花見に行ってきました。園内の藤の花はちょうど見頃を迎えており美しく香り豊かに咲き枝垂れ。うん、とっても美しい♡例年の見頃は4月下旬~5月上旬、ちょうどゴールデンウィークあたりかと。この藤棚は一見の価値あり。グンマーの足利はココだっ(・Д・)クワッ

新緑のコントラスト、藤の花と芝桜のハーモニー。 -ふじの咲く丘 2019

群馬県藤岡市にある藤の花の名所【ふじの咲く丘】はその名の通り藤の花が見頃を迎えつつあります。まだまだ枝垂れ具合は小さいけれど暖かな陽射しを受けゴールデンウィークに差し掛かる頃には本気を出してくることと。芝桜も綺麗ですよ♪ゴールデンウィークのレジャーに是非、お出掛け下さいませ(*´ω`*)

赤城山の南麓で桜並木と風車の旅情。 -ぐりーんふらわー牧場・大胡

桜の名所・赤城南面千本桜でお花見のあとにちょいと群馬のオランダへ。赤城のもうひとつの桜スポットで花見の梯子と洒落込みます。お出掛けしたのは【ぐりーんふらわー牧場・大胡】。高さ22mのオランダ式風車がランドマークの緑豊かな道の駅です。遊具あり動物さんもいて。こどもも喜ぶ人気レジャースポットです♪

裾野から天まで誘う桜の回廊。 -赤城南面千本桜 2019

群馬の南部から歩を進めた桜前線を追い掛けるよう群馬の北部へお花見に。【赤城南面千本桜】に行ってきた。群馬県前橋市にある桜の名所で「日本さくら名所100選」にも選ばれています。約1.3キロの市道に沿って1000本のソメイヨシノが植わり、ピーク時にはまこと見事な桜のトンネルを歩くことが出来ます♪

続く九十九の桜並木。 -九十九川沿岸の桜並木 2019

おらが故郷・群馬県安中市の桜スポットがココ、九十九(つくも)川に寄り添いどこまでも続くソメイヨシノの街道。真っ白な浅間山と菜の花の黄色、淡い桃色のコントラストはとても綺麗です。正式名称は定かではありませんが【九十九川沿岸の桜並木】・・・ってことにしておこう('ω')笑

古墳の上の大桜に平成最後の春の風情を。 -白石稲荷山古墳 2019

群馬県南部の桜は見頃を過ぎ、散り始めを迎えております。今年は色々な桜の名所やスポットにお花見に出掛けましたが、舞い散る前にどうしてココだけはたわわに花咲く満開の景色を・・・と。見頃を迎える前に一度足を運んでいる【白石稲荷山古墳】に再度お出掛けしてきました。また令和の春にお花見に預かります。

観音様のお膝元、桜並木が咲き誇り。 -乗附緑道の桜並木 2019

群馬県高崎市の桜の名所のひとつがココ、碓氷川と烏川に沿って伸びるのが乗附緑道。春になると緑道土手沿いの桜並木が咲き誇り、桜の街道を歩むことが出来ます。八千代橋から和田橋までの間に122本、和田橋から聖石橋間にも60本以上と約200本の桜が植えられているそうですよ。是非、お花見にお出掛け下さい♪

ミリタリー×ソメイヨシノ・第29回しんまち桜まつり。

4月6日(土)・7日(日)に開催された第29回しんまち桜まつりに行ってきた。高崎市新町の陸上自衛隊新町駐屯地で桜咲く4月上旬に毎年開催。地元の特産物や農産物などの販売や模擬店の出店もあり、駐屯地内は満開の桜とお花見を楽しむ来場者で賑わいを見せ。戦車やヘリコプターの展示は必見です!

児玉の桜・雉岡城跡&こだま千本桜で花見のハシゴ。

埼玉県本庄市は児玉町の桜の名所である【雉岡城跡公園】と【こだま千本桜】にお花見に行ってきた。どちらのソメイヨシノも満開に近づき、見頃を迎え始めたタイミング♪そんな2ヵ所の様子を写真に収めてまいりました。うん、どちらも美しい(*´ω`*)春の行楽にもピッタリな埼北の桜の人気スポットです。

ふじの咲く街・藤岡で桜スポットを巡る春。

【地元民がオススメする群馬県藤岡市の桜のお花見スポット】と題してお花見に出掛けてスポットをまとめてみました。定番の人気スポットから地元民だから知る隠れ家的なスポットまで6つのスポットを厳選。市外はもとより県外からも藤岡市へお花見においでの際は参考にして頂ければ幸いです♪

淡く儚い春の絨毯。-小串カタクリの里 2019

群馬県南部においてカタクリの花の名所のひとつが高崎市吉井町の【小串カタクリの里】。毎年3月下旬から4月上旬にかけて群生地には5万株の花が開花します。2018年に引き続き2019年もお花見へ。落葉樹林に群生する小さな薄紫。遠目から見れば淡く儚い春の絨毯。桜とは一味違う春の風情を是非♪

春を待つ枝垂れ桜のお花見に。 -吉祥山瑞巌寺 2019

樹齢300年、「春待桜」とも呼ばれ埼北の地で美しく咲き誇るのが埼玉県児玉郡神川町の瑞巌寺さんのしだれ桜。天高く伸びる幹、足元まで枝垂れる枝からは風に揺られハラハラと花びら舞い。本堂に寄り添うよう、孤高にして雄大な佇まいは圧巻です。夜間はライトアップもある模様。見頃を迎え美しく咲き誇ります♪

早咲きの枝垂れ桜のお花見に。 -滝の慈眼寺 2019

群馬県の南部で枝垂れ桜の名所は?と聞かれれば、真っ先に思いつくのがココ、高崎市は下滝町の【滝の慈眼寺】こと華敷山補陀落院慈眼寺。今年もお花見にお出掛けしてきました。境内の枝垂れ桜は徐々に見頃に近づきつつあり。3月最後の週末あたりからピークに突入することと思われます('◇')ゞ

前橋の河津桜のお花見に。 -敷島公園&江田鏡神社

3月も中旬を迎え徐々に空気は暖かさをまとい、春の陽気は麗らかに。先日お出掛けしたいせさき市民のもり公園を始め、群馬県南部では河津桜が見頃を迎えています。ちょうど見頃を迎えた河津桜のお花見にお出掛けです。今回は前橋方面を2ヵ所を。敷島公園の国体道路脇と江田鏡神社でお花見兼撮影です。