多言語に翻訳する
スポンサーリンク

裾野は長し赤城山、湖面に映える朱色の社|前橋「赤城神社・大沼」。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

 

前橋市、桐生市、沼田市、渋川市、
昭和村の4市1村を跨ぐ"赤城山"。

群馬県のほぼ中央にどっしりと構え
関東平野を見下ろします。

上毛かるたの"す"の札でも詠まれ、

県民の皆様におかれましては広く
母なる山として尊ぶ方も多いのでは。

その赤城山の山頂"大沼"の畔に
静かに鎮座するのが赤城神社

その名の通り赤城山を祀る神社です。

他の赤城神社と区別するために
「大洞(だいどう)赤城神社」とも呼ばれ、

全国に300社ある赤城神社の
本宮とも推測されているようですよ。

妙義山の妙義神社、榛名山の榛名神社

そしてこの度の赤城山の"赤城神社"で
上毛三山の神社をコンプリート( ・ㅂ・)و ̑̑笑

以下、赤城神社の魅力に迫ってみたので
お付き合い頂ければ幸いです。

 

スポンサーリンク

 

神社の場所とアクセス方法

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

赤城神社の場所は
群馬県前橋市富士見町の赤城山。

赤城山最大のカルデラ湖である
"大沼"の北側に位置します。

それにしても住所に"赤城山"って
付いちゃうんだ( ゚Д゚)オォ

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

高崎・前橋方面からお出掛けの場合は、

前橋環状線 若宮町四丁目交差点から
赤城県道をひたすら道なりに山登り。

山道を登り切って少し下れば
"大沼"が見えてきます。

高速道路をご利用の場合は
関越道 赤城I.Cから県道を経由下さい。

公共機関をご利用の場合は、

JR両毛線 前橋駅から関越交通バスで
富士見温泉経由、約1時間10分。

土日祝日は直行バスの運用も有るみたい。

駐車場について

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

駐車場は参拝者専用のものから
一般のものまで近くに幾つかございます。

以下にご紹介していきますので
参拝時の参考にして頂ければ幸いです。

1.参拝者専用駐車場(本殿裏)

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

赤城神社に一番近い駐車場が
社殿の裏にある参拝者専用駐車場

開門9:00、閉門17:00と
時間が決められています。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

未舗装のため凸凹有り。笑
収容は20台程度かなと。

料金は無料ですが
他の観光用途には利用できません。

2.参拝者専用駐車場(啄木鳥橋前)

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

次に近いと思われるのが
啄木鳥橋の袂にある駐車場。

こちらも参拝者専用駐車場
利用時間がございます。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

料金は無料、収容は20台程度。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

なお、啄木鳥橋は老朽化に伴い
当面の間"通行止め"となっています。

(2020年6月現在)

この朱橋を渡って参拝すると
風情があって良いのですが・・・(*´ω`*)

早期の復旧を切に願っています。

3.県立赤城公園おのこ駐車場

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

赤城神社から約600メートル。

"大沼"の南側に位置し
ドライブイン施設やトイレが整備された、

県立の無料駐車場がおのこ駐車場

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

近くにはお土産屋さんや飲食店など
お店が多く立地にも長けており、

登山やハイキング、湖畔散策など
広い観光用途に便利な駐車場です。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

収容は100台で終日開放!

行楽時期は早い時間から
満車になる場合もございます。

ここから"大沼"湖畔を歩いて
参拝に行くのも風情があって良いかなと。

参道を歩いて境内へ

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

今回は"1.本殿裏の駐車場"に
車を停めて境内を目指しました。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

写真の奥に見える朱色の橋が
先にご紹介した"啄木鳥橋"。

"大沼"に浮かびそのコントラストが
まこと見事に絵になります。

参拝者の皆様の視線の先には・・・

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

たくさんの鯉 >゚ ))∈

餌を貰えるのがわかるようで
浅瀬に群がっていました。

大沼|赤城最大のカルデラ湖

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

ここでざっくり"大沼"について
ご説明しときますね。

赤城山の山頂カルデラにある火口原湖で
赤城山のカルデラ湖としては最大。

冬期はワカサギ釣りやスキー
スケートの地としても知られます。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

なお、大沼の正しい読み方は「おの」。
ずっと「おおぬま」だと思ってた(*ノωノ)

また、大沼以外に「赤城湖」なんて
呼ばれることもあるそうですよ。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

ちなみに湖の周長は4km。

"あかぎ大沼・白樺マラソン"では
1周5kmとして駆け抜けます。

自分は2014年大会に出場し
19分台で駆け抜けたんだ( ・ㅂ・)و ̑̑

その時の様子は ↓

1周5kmを猛ダッシュ!|前橋「ああかぎ大沼・白樺マラソン」。
8月の最終日となる31日の日曜日、 赤城山で開催された、 あかぎ大沼・白樺マラソン2014へ 参加してきました。 大会と言えば自分においては 10kmコースでの出走が多い中、 今回はの5kmコースでエントリー。 走る距...

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

"赤城山ヒルクライム大会"の試走で
自転車に乗って上って来たことも・・・。

結果、大沼へは水辺レジャーとして
遊びに来るのが一番だと思います。笑

赤城山を祀る赤城神社

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

話が脱線して長くなりそうなので
一気に本殿へワープ٩( ‘ω’ )و 笑

左から手水舎、拝殿、社務所の並び。

どれも抜けるような朱色が眩しい。
流石は赤城山を祀る神社だ。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

手水舎は"御神水"の湧き水を水源とする
簡易水道をこの地まで引いたもの。

"御神水"は赤城神社跡地、
大洞の林の中に湧き出ているそうですよ。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

木々の緑にくっきり浮き上がり
荘厳かつ華麗な雰囲気が印象的です。

なお、社殿は元は大洞にありましたが
1970年にこの小鳥ヶ島へ遷座。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

2006年に大洞御遷宮千二百年祭を記念し
社殿の大修復が行われています。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

拝殿の裏側には本殿が続きます。

特に目立った彫刻などはなく
比較的 簡素な造りになっていました。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

ちなみに"御朱印"は
社務所にていただけるようですよ。

社務所の業務時間は、

平日  10:00~16:00
土日祝 9:00~17:00

※掲載している情報は
ブログ記事の配信時です。

最新の情報は神社の公式ブログ
配信して下さっておりますよ。

お間違えなきようご参拝下さいませ。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

裾野は長し赤城の山の美しさ

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

赤城大明神をご祭神としている
縁結びのパワースポット。

神橋と呼ばれる啄木鳥橋を渡り
緑に映える湖面を仰いで参拝すれば、

そのパワーがひしひしと
伝わってくると思います✧٩(ˊωˋ*)و✧

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

"裾野は長し赤城山"

上毛かるたでも詠まれる通り
遠くから眺めれば裾野はとても長く、

美しい佇まいに目を引かれます。

近づけば近づく程に美しさは増し
赤城神社はその中心。

その美しさに魅了されると思うんだ。

赤城山の山頂へお出掛けしたら
まずは神社でご挨拶(。・Д・)ゞ

これにてまとめとさせて頂きます。
長々とご精読ありがとうございました。

赤城神社 -群馬県前橋市富士見町

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤城神社について

赤城神社(あかぎじんじゃ)
所在地群馬県前橋市富士見町赤城山4-2
問い合わせ027-287-8202
社務所業務時間平日  10:00~16:00
土日祝 9:00~17:00
公式サイトakagijinja.jp
アクセス■お車でお出掛けの場合
 関越道 赤城I.Cより国道353号線、県道4経由号線で1時間
■公共機関をご利用の場合
 JR両毛線 前橋駅より関越交通バスで富士見温泉経由、約1時間10分
 土日祝日は直通バスの運行有り
地図

手付かずの大自然が魅力"小沼"

赤城小沼 -群馬県前橋市

"大沼"同様、赤城山の山頂に
雄大に広がる火口湖の"小沼"。

手付かずの自然が残る
静謐な佇まいが魅力です。

赤城山の山頂へお出掛けの際は
足を延ばして"小沼"へも。

広がる大自然に心洗われますよ♪

併せてお読みいただければ幸いです。
下のバナーからどうぞ(。・Д・)ゞ

コバルトブルーの湖面に映える手付かずの大自然|前橋「赤城山 小沼」。
群馬県前橋市の「小沼(この」をご紹介。上毛かるたの"す"の札でも詠まれる赤城山の山頂にある火山湖。赤城山最大のカルデラ湖である"大沼"の南東に位置します。魅力は手付かずの自然が残る静謐。人工物のない景観はとても貴重です。記事内ではアクセス方法や駐車場のこと、、四季折々美しい小沼の魅力までまとめています。

群馬には観光スポットが目白押し

"赤城神社|赤城大沼"以外にも
群馬は気になるスポットが目白押しです。

まとめてみたので併せてお読み下さい。
下のバナーからどうぞ(‘◇’)ゞ

群馬でお散歩
群馬県の観光スポットをご紹介しています 四季折々、美しき群馬の景色を・・・

コメント

この記事を書いた人

群馬県は藤の花咲く街の人。

群馬グルメや群馬レジャー、群馬ベーカリーのことなどを熱量高くご紹介しています。

時には県外のこともちらほらと。
稀に趣味の自転車やカメラのことも。

コメント、随時お待ちしております♪
メディアへのお誘い、掲載依頼も大歓迎です。

「お問い合わせ」や「コメント」から
お気軽にご連絡下さいませ。

Tokina.をフォローする
タイトルとURLをコピーしました