スポンサーリンク

静寂と紅葉に染まる古寺や、南牧の空に響く鐘楼「黄檗宗 黒瀧山不動寺」。

この記事は約8分で読めます。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黄檗宗 黒瀧山不動寺
2019年11月24日(日)

 

群馬県の平野部でも
木々が色付き始めた11月下旬。

兼ねてから出掛けてみたかった
群馬のお山の紅葉スポットが、

見頃を迎えたとのことで
車を走らせ行ってきた٩( ‘ω’ )و

出掛けたのは黒瀧山不動寺
読みは「くろたきさんふどうじ」だそう。

秘境グンマーの秘境も秘境、
南牧村の山間に建つお寺さんです。

下調べなく勢いで出掛けてみれば
道は狭いわ急だわで(;´・ω・)

心臓バクバクさせながら車を走らせ。

標高が高まるにつれ
木々は赤黄に美しく染まり。

境内の開山堂までの道中は
射し込む光と高くそびえる木々の陰影。

静寂と深紅葉のコントラストに
思わず涙が溢れたんだ(๑°⌓°๑)

 

スポンサーリンク

 

黒瀧山不動寺の概要

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

上州の奥ノ院とも称され、

江戸時代徳川五代綱吉公が帰依した
1675年潮音禅師によって中興開山され、

厄除け不動の霊場として
千余年の歴史を重ねる古寺。

黒滝山の南東腹にあり
黒滝不動の名で呼び親しまれます。

奈良時代に行基が一宇を設け
自刻の不動明王像を安置したのが草創。

古くは荒船・妙義山系山岳信仰の
拠点寺として栄えました。

衰退後、江戸時代に潮音が再興し、

黄檗宗黒滝派の本山として
末寺200余を擁して隆盛。

明治以降は荒廃したものの、

境内には山門・不動堂・開山堂・
鐘楼・天女窟・黒滝泉などがあり、

霊山の趣きを今なお残しています。

お寺の場所

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧山不動寺の場所は
群馬県甘楽郡の南牧村大塩沢。

ざっくり言うと南牧村ね。

高齢化率日本一の自治体にして
秘境グンマーの最高峰。

上州南牧谷の奥深い黒瀧山の
南東腹の岩壁にございます。

アクセス方法

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

お車でお越しの場合は、

上信越道 下仁田I.Cで降りて
国道254号線を経由。

県道 下仁田ー上野村線の途中から
5kmほど西へ入ったところです。

お寺さんが近くにつれ
車のすれ違いが困難な狭い道幅となり。

対向車が来ないことを祈りながら
強気で進むしかありません。

加えてラスト2kmは険しい山道ね。
エンジンが唸ること唸ること。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

公共機関をご利用の場合は、

上信電鉄 下仁田駅が最寄りです。

駅のバス停から南牧村の運行する
村営バス(南牧バス)に乗車して

小沢橋バス停で降車下さい。

バス停から5km近く
山道を歩かねばならんようなので、

可能であればお車での
アクセスをお勧めしときますね。

駐車場

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

狭く険しい山道を上っていくと
駐車場が見えてきます。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

お寺さんから一番近い第一駐車場
近いとは言え、ちょいと離れています。

10台程度、駐車可能かな。
見え過ぎちゃって困るトイレ完備。笑

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

第一駐車場から数百メートル手前に
第二駐車場もありました。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

こっちも10台程度かな?

第二から第一駐車場までは
坂の勾配がきつくなりますので、

心配な方はここに停めて
歩いて行くのも手かもしれません。

(結構距離はありますが・・・)

黒瀧山不動寺 登拝口

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

今回は第一駐車場に車を停めて
お寺さんの境内を目指します。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

第一駐車場から境内までは
約600mの登り坂。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

九十九折の坂道を
そろりそろりと上ります。

うん、しんどい(*´Д`)

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

程なく上ると少しずつ
お寺さんの一端が見えてきます。

この佇まいを見ると
少し頑張れる気がします。笑

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

小鳥がさえずっていたか
わからない程しんどかったんだ。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

登拝口の終盤に差し掛かると
視界は徐々に切り開かれ。

それらしきものの存在を確認。

鐘楼

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

登拝口を登りきるとまず最初に
鐘楼がその姿を現します。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

大杉に寄り添われる孤高の鐘楼。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

梵鐘は恒久平和を願い
戦艦「陸奥」の遺材を合鋳。

南牧の山間に
美しい鐘の音を響かせます。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

それを見守るように帝釈天と四天王。
のっけから慈悲深い・・・。

寺務所

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

鐘楼から振り返れば寺務所があり。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

言うなればここが不動寺の入口。
まだスタートラインに立ったばかりだ。

(この時点で本記事が長くなる予感しかない)

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

寺務所 窓口でご挨拶をして
いざ境内へ・・・。

黒瀧山の大スギ

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

境内に入りまず目に入るのが
黒瀧山の大スギ

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

群馬県指定天然記念物で
推定樹齢は300年以上!

樹高41m、目通り幹囲7.2mと
とにかく存在感のある杉です。

山門

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

大スギのその先には山門が鎮座。

寛政10年(1798年)に再建、
魚梛(かいぱん)なる魚の木像が飾られます。

岩壁と木々の囲まれて
ひっそりと参拝客を招きます。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

裏手からはこんな感じ。
奥に見えるのが寺務所です。

手水舎

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

山門を潜りて歩を進めると
左手に手水舎

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

ここで身を浄め更に歩を進めます。

不動堂

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

手水舎で身を浄めて歩を進めると
見えてくるのが不動堂

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

紅葉の黒瀧山不動寺と言えば
自分においてはこの構図。

これ、これが撮りたかったんだ(*’ω’*)

燃える南牧の紅葉と
不動堂の静寂なる佇まい。

この美景は是非、肉眼で拝んで欲しい。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

行基菩薩の御作と伝える
不動明王尊を祀ります。

12年に一度、酉年の御開帳。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

不動堂の周りの景色も美しい。

界隈の山間とのコントラストも
また魅力のひとつです。

大雄宝殿(本堂)

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

不動堂から橋を渡りて
更に奥へ進みます。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

すると見えてくるのが大雄宝殿

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧不動寺の本堂です。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

本尊は分珠菩薩と普賢菩薩を
脇侍とする釈迦如来。

京の仏師康伝の製作だそう。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

木々から射し込む温もりが
本堂を柔らかく包み。

不動堂同様に
まこと見事に絵になります。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒滝山不動寺黄檗宗は
臨済宗・曹洞宗に並ぶ禅宗の一つ。

明朝の様式を多く残します。

そう言えば少林山達磨寺
黄檗宗だったような覚えが・・・。

黒滝泉(龍神の滝)

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

不動堂と大雄宝殿の裏手にも
見どころがございます。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

橋の奥に目を向けると黒滝泉
龍神の滝が流れます。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

落差は20メートル。

時季により水量の違いはあるようですが
枯れることはないとのこと。

時々、虹が掛かるんですってばさ。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

滝に打たれるよう不動明王像。

修行者はこの場所で
滝に打たれて雑念を払うんだそう。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

いつもの水量は定かではありませんが
比較的少なめな印象を受けました。

ザーじゃなくてサー・・・って感じ。
穏やかに境内を湿らせていました(‘ω’)

天女窟

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

不動明王像の後ろには天女窟

弘法大師像や黒瀧泉弁財天が鎮座。

それにしてもこの岩壁、
すげぇ・・・天然のものなのかな。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

真ん中に祀られる剣(つるぎ)
何に使われるものなんだろうか。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

写真の小さい銅像が
黒瀧泉弁財天ね。

貞享5年にこれを祀りて
天女窟と名付けたそう。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

ちなみに龍神の滝へは
本堂の裏手を通って向かいます。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

本堂の屋根が近い(;´・ω・)

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

不動堂と大雄宝殿を
別アングルから見ることが出来ます。

これも魅力のひとつですね。
忘れずに裏手へもお立ち寄りを。

開山堂

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

大雄宝殿から歩を進めると
開山堂へと続く階段が現れます。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

駐車場からここまで、

結構歩いてきていますが
もうひと踏ん張り!

開山堂はすぐそこです。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

階段を上り終えると門に誘われ。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

その門を潜って正面には
石碑が立ち並びます。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

その姿はとても幻想的で。

某RPGゲームにでも
出てくるんじゃないかと思う程。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

見上げれば開山堂が頂上に鎮座。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

最後にもうひと踏ん張り、
階段を上ります。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

・・・ (‘Д’)

(美くし過ぎて言葉が出ない)

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

黒滝山不動寺を開山した
潮音禅師を祀ります。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

絶壁に囲まれる静寂。
厳かな雰囲気に飲み込まれます。

もはや霊験しか感じられない。

群馬県は西毛地区の
最強のパワースポットだ(‘Д’)クワッ

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

開山堂の裏には、

黒瀧山不動寺を本山とする
黄檗宗黒瀧派を全国に拡げられた

中興開山の潮音道海禅師の
霊骨を納めた寿塔があるようです。

・・・気付かなかったんだ。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

開山堂から見下ろしてみれば
とてつもなく素晴らしい秋景が広がり。

しばらくここから動けなかったんだ。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

ともあれ見どころが有り過ぎて、

お腹いっぱいになったのは
言うまでもありませんね。

これにて来た道を逆戻りの運びです。

御朱印や御守り、おみくじは・・・

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

なお、御朱印の情報もしっかりと。

黒瀧山不動寺の御朱印は
境内入口の寺務所にて確認しました。

御朱印の他、御守りやおみくじの
販売もありましたよ(‘◇’)ゞ

黒瀧山不動寺のまとめ

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

秋の紅葉時季に参拝したい!

・・・と言う自分の強い意志のもと
今回に至った訳ですが、

四季折々の素晴らしい景色が
参拝客を迎えてくれる模様です。

梅雨時期は参道の紫陽花が、

夏は新緑・深緑との
コントラストが素晴らしいとか・・・。

そんなこと言われたら春夏秋冬、
出掛けるしかないじゃないか。笑

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

標高870mの黒滝山に建つ
山岳信仰の霊場。

静寂と紅葉に染まる古寺や、
南牧の空に響く鐘楼。

是非、千余年の歴史を重ねる
秘境 群馬のパワースポットへ٩( ‘ω’ )و

これにてまとめとさせて頂きます。
長々とご精読ありがとうございました。

黒瀧山不動寺 -群馬県甘楽郡南牧村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒瀧山不動寺について

黄檗宗 黒瀧山不動寺(くろたきさんふどうじ)
住所群馬県甘楽郡南牧村大塩沢1267-1 
問い合わせ0274-87-3037
拝観時間8:00〜16:00
定休日拝観無休
公式サイト黒瀧山不動寺 – 南牧村
アクセス●自動車
 上信越自動車道 下仁田I.Cから車で30分
●公共機関
 下仁田駅からなんもくバスで15分(小沢橋下車)
 小沢橋から徒歩で100分
地図

コメント

タイトルとURLをコピーしました