群馬でお散歩一覧

ふじの咲く街・藤岡で桜スポットを巡る春。

【地元民がオススメする群馬県藤岡市の桜のお花見スポット】と題してお花見に出掛けてスポットをまとめてみました。定番の人気スポットから地元民だから知る隠れ家的なスポットまで6つのスポットを厳選。市外はもとより県外からも藤岡市へお花見においでの際は参考にして頂ければ幸いです♪

淡く儚い春の絨毯。-小串カタクリの里 2019

群馬県南部においてカタクリの花の名所のひとつが高崎市吉井町の【小串カタクリの里】。毎年3月下旬から4月上旬にかけて群生地には5万株の花が開花します。2018年に引き続き2019年もお花見へ。落葉樹林に群生する小さな薄紫。遠目から見れば淡く儚い春の絨毯。桜とは一味違う春の風情を是非♪

早咲きの枝垂れ桜のお花見に。 -滝の慈眼寺 2019

群馬県の南部で枝垂れ桜の名所は?と聞かれれば、真っ先に思いつくのがココ、高崎市は下滝町の【滝の慈眼寺】こと華敷山補陀落院慈眼寺。今年もお花見にお出掛けしてきました。境内の枝垂れ桜は徐々に見頃に近づきつつあり。3月最後の週末あたりからピークに突入することと思われます('◇')ゞ

利根川に臨む日本美 臨江閣。-群馬の文化遺産を見学しよう

県都前橋 生糸の市のレトロスペクティブ、近代和風建築の迎賓施設・臨江閣。前橋公園の北側に位置し本館・別館・茶室から成ります。本館・茶室は群馬県重要文化財に別館は本市の重要文化財にそれぞれ指定。並びに平成30年5月には国指定重要文化財に指定されました。そんな群馬の歴史を見学してきたお話です。

群馬県庁32階 展望ホールより。 -住まうグンマを眺めてみよう

群馬の自治と文化の発展のシンボル・群馬県庁。33階建てで県庁舎としてはなんと日本一の高さを誇るそうですよ。32階フロアは全面、展望ホールとして一般開放しており。大人からこどもまで楽しめる群馬のシンボル・群馬県庁。色んな意味で群馬県・最【高】のレジャースポットだ('Д')クワッ

前橋の河津桜のお花見に。 -敷島公園&江田鏡神社

3月も中旬を迎え徐々に空気は暖かさをまとい、春の陽気は麗らかに。先日お出掛けしたいせさき市民のもり公園を始め、群馬県南部では河津桜が見頃を迎えています。ちょうど見頃を迎えた河津桜のお花見にお出掛けです。今回は前橋方面を2ヵ所を。敷島公園の国体道路脇と江田鏡神社でお花見兼撮影です。

早春のコントラスト、河津桜に春を感じ。 -いせさき市民のもり公園 2019

群馬県南部において河津桜の名所と言えば伊勢崎市の【いせさき市民のもり公園】。南斜面に約130本が植栽され、例年3月中旬頃に桃色の可憐な花を咲かせます。今年もそろそろかなと思い、居ても立っても居られずに現地まで。結果、少し早かったようで、笑3〜5部咲き程度でした。笑 春はすぐそこですね♪

第13回 新町ひなまつりへお出掛け。

新町行在所公園をメイン会場とし町内のあちらこちら、約60店舗の事業所等でお雛様を展示する【新町ひなまつり】が開催されています。2019年で13回を迎え、会場は春の雰囲気に包まれとても華やかです。開催期間は3月3日(日)まで。週末は是非、高崎市新町までお出掛けしてみては♪

日本で最初で世界遺産の富岡製糸の見学へ。

群馬県富岡市にある富岡製糸場に見学に行ってきた。日本初の本格的な器械製糸の工場で初期の建造物群が国宝及び重要文化財に指定されています。自分においては幼少期から今もなお、馴染み深い富岡にある観光名所。県内はもとより県外、国外からも群馬が誇る世界遺産を是非、見学にいらして下さい♪

日本で最初で世界遺産の富岡製糸の見学へ。

群馬県富岡市にある富岡製糸場に見学に行ってきた。日本初の本格的な器械製糸の工場で初期の建造物群が国宝及び重要文化財に指定されています。自分においては幼少期から今もなお、馴染み深い富岡にある観光名所。県内はもとより県外、国外からも群馬が誇る世界遺産を是非、見学にいらして下さい♪

一年の恵を・・・高崎だるま市へお出掛け。

高崎と言えば縁起達磨。ってことで元日早々より高崎だるま市に行って来ました。高崎だるま市は群馬県高崎市で1月1日・2日にかけて開催される「全国で最も早いだるま市」。会場となる高崎駅西口通りはカラフルなだるまさんで彩られます。正月早々からまぁ賑やか!元気も貰えた感じがします。笑

異質のコラボ・伊香保温泉石段街×ペヤング。

2018年12月3日(月)~2019年3月31日(日)の期間、伊香保温泉ペヤング祭りが開催されています。日本の名湯・伊香保温泉とペヤングでお馴染み・まるか食品が期間限定で奇跡のコラボ。古き良き石段街で面白い写真が撮れますよ。それを見た後はもちろん伊香保石段街の散策も忘れずに♪

中山道、関東出入国の番・碓氷峠の関所跡。

群馬県は安中市松井田町横川にある中山道の関東出入国の関門が【碓氷関所跡】。群馬県民ならご存知、上毛かるたの【う】の札でも詠まれています。JR信越本線 横川駅や碓氷峠鉄道文化むらから歩いて5分程度。いえいえ、手形はいりません。歴史に残る関所跡へ是非お出掛けしてみて下さい♪

晩秋の碓氷湖(坂本ダム)、紅葉のコントラスト。

群馬県は安中市松井田町坂本にある【碓氷湖】へ。坂本ダムにより碓氷川と中尾川の合流点を堰き止めて出来た緑豊かな人造湖です。めがね橋をイメージした朱色のアーチ橋。湖面には周囲の色付く木々が映え。四季折々、色んな表情を魅せてくれますが特に紅葉期のコントラストは絶景かな。

碓氷第三橋梁(めがね橋)とアプトの道をゆるりあるく。

碓氷峠の代表的な建造物で信越本線 横川駅-軽井沢駅間の橋梁が【碓氷第三橋梁】。通称【めがね橋】の名で親しまれています。平成13年には廃線敷を利用した遊歩道「アプトの道」として整備。現在は橋上を歩くことが出来ます。四季折々、色々な表情を魅せますが木々の色付く秋の景色は特に美しく♪