中山道、関東出入国の番・碓氷峠の関所跡。

碓氷関所跡
2018年11月18日(日)

1616年、江戸幕府によって設置。

特に重要な交通路であった中山道の
関東出入国の関門です。

東西に門があり西を幕府が、
東を安中藩が守っていました。

その東門が昭和35年に
関所跡として復元されたそうですよ。

群馬県民ならご存知、
上毛かるたの【う】の札で詠まれます。

【碓氷峠の関所跡】
(うすいとうげのせきしょあと)

横川駅や碓氷峠鉄道文化むらから
歩いても5分程度のところにございます。

中山道の福島関所とともに
重要な関所とされていたそうですよ。

・・・いえいえ、手形はいりません。
気兼ねなくお通り下さいませ。笑

毎年5月、安政遠足 侍マラソンの開催日には
関所周辺で「碓氷関所まつり」が行われ、

獅子舞や八木節などの郷土芸能が披露されます。

また、平成30年から関所跡の南にある
「麻苧茶屋」内に展示室がオープン。

関所や近世交通に関する史料を展示しています。
そちらも併せてお出掛け下さい。


峠の横丁 麻苧茶屋 内
碓氷関所史料展示室

群馬県安中市松井田町横川441

開館時間
午前9時〜午後4時30分
(入館は午後4時まで)

休館日 年末年始


なお、関所脇の道路は道幅狭いです。

専用駐車場や町営駐車場がありますので
そちらをご利用下さいませ。

スポンサーリンク

– 碓氷関所跡について –

【所在地】

群馬県安中市松井田町横川乙573

【アクセス・マップ】

JR横川駅から徒歩で5分 
松井田妙義ICから車で10分

近隣の観光スポットは ↓

碓氷峠鉄道文化むら

碓氷峠鉄道文化むらへ家族でお出掛け。
初冬、落葉始まる紅葉のまにまに、お出掛けしたのは【碓氷峠鉄道文化むら】。群馬県安中市は松井田町横川にある体験型の鉄道のテーマパークです。鉄道・電車ファンならお出掛けは必須!紅葉に映える妙義の袂で鉄分補給。今はなき信越線 横川-軽井沢間の歴史がココにギュッと集約されています。

碓氷第三橋梁(めがね橋)・アプトの道

碓氷第三橋梁(めがね橋)とアプトの道をゆるりあるく。
碓氷峠の代表的な建造物で信越本線 横川駅-軽井沢駅間の橋梁が【碓氷第三橋梁】。通称【めがね橋】の名で親しまれています。平成13年には廃線敷を利用した遊歩道「アプトの道」として整備。現在は橋上を歩くことが出来ます。四季折々、色々な表情を魅せますが木々の色付く秋の景色は特に美しく♪

碓氷湖(坂本ダム)

晩秋の碓氷湖(坂本ダム)、紅葉のコントラスト。
群馬県は安中市松井田町坂本にある【碓氷湖】へ。坂本ダムにより碓氷川と中尾川の合流点を堰き止めて出来た緑豊かな人造湖です。めがね橋をイメージした朱色のアーチ橋。湖面には周囲の色付く木々が映え。四季折々、色んな表情を魅せてくれますが特に紅葉期のコントラストは絶景かな。

ここいらとセットでお出掛け下さい♪